コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉付の面 にくつきのめん

世界大百科事典 第2版の解説

にくつきのめん【肉付の面】

講談の作品名。《面打源五郎》ともいう。代表的な名人伝の一つ。元禄のころ,彫刻(ほりもの)師源五郎は能面にかけては江戸随一の名工だったが,酒に溺れて腕が落ち,暮れに迫っての金欲しさで作った般若の面を,名人観世太夫からはずかしめられ,恥辱にたえかねて自害した。源五郎の子の源之助は刻苦勉励,やはり評判の彫刻師となり,観世太夫は源之助に般若の面を打たせる。源之助の面をつけた観世太夫は源五郎の怨念か面がはりついてとれなくなり,源之助が手をかけるとようやくとれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の肉付の面の言及

【磯崎】より

…室町時代の物語。作者未詳。下野国日光山麓に住む地頭磯崎は,所領問題のため妻を残して単身鎌倉に赴くが,若く美しい女を連れて帰る。妻は激しく嫉妬し,夫の不在に猿楽師より借り受けた鬼面を付け,杖を持って女をおどし,打ち殺してしまう。家に戻り,鬼面を取ろうとするが顔から離れず,杖も手から取ることができない。人目を避け,裏山に隠れるが,日光山の稚児学生(ちごがくしよう)の息子の懸命の説法によって,面と杖はようやく取ることができた。…

※「肉付の面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android