コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯崎 いそざき

3件 の用語解説(磯崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磯崎
いそざき

茨城県東部,ひたちなか市の東方にある集落。海釣りの適地,県水産試験場もある。同名の岬に灯台と酒列磯前 (さかつらいそざき) 神社,北隣に海水浴場として著名な阿字ヶ浦がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いそざき【磯崎】

姓氏の一。
[補説]「磯崎」姓の人物
磯崎新(いそざきあらた)
磯崎憲一郎(いそざきけんいちろう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いそざき【磯崎】

室町時代の物語。作者未詳。下野国日光山麓に住む地頭磯崎は,所領問題のため妻を残して単身鎌倉に赴くが,若く美しい女を連れて帰る。妻は激しく嫉妬し,夫の不在に猿楽師より借り受けた鬼面を付け,杖を持って女をおどし,打ち殺してしまう。家に戻り,鬼面を取ろうとするが顔から離れず,杖も手から取ることができない。人目を避け,裏山に隠れるが,日光山の稚児学生(ちごがくしよう)の息子の懸命の説法によって,面と杖はようやく取ることができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磯崎の関連キーワード日光山秋夜長物語運歩色葉集風につれなき物語浜出きのふはけふの物語曽我物語幻夢物語日光山縁起作者未詳歌

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磯崎の関連情報