コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉離れ ニクバナレ

デジタル大辞泉の解説

にく‐ばなれ【肉離れ】

筋肉や筋線維が部分的または完全に断裂し、種々の障害をきたした状態。疾走跳躍時に筋肉の急激な収縮によって起こることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

肉離れ【にくばなれ】

筋肉(筋繊維)の断裂。筋肉の急激な伸展,協同作用の失調などが原因。急に激しい運動をするとき下肢に起こることが多い。筋力が落ち,激痛がある。習慣性になりやすいので,冷湿布をして早く医師の治療を受ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にくばなれ【肉離れ】

肉離れとは,骨格筋の筋繊維が局所的に断裂した状態である。骨格筋は,筋繊維という名前の細胞群と,それに付属する結合組織要素,それに血管,神経から構成されている。筋繊維は強力で迅速な収縮を行ったり緊張を保ったりすることができる。筋力が突然強く働いたり,あるいは筋肉が強く緊張しているときに直接外力が加えられると断裂が発生する。断裂は骨格筋のどの部位にも起こりうるが,筋腹に発生し,しかも比較的小範囲に限局していることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にくばなれ【肉離れ】

( 名 ) スル
疾走・跳躍などの動作中に、大腿部や下腿部の筋肉に突然激痛が走り、運動不能となる状態。筋繊維の一部が切れたものと考えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉離れ
にくばなれ

骨格筋の筋線維が局所的に断裂した状態をいい、スポーツ外傷の一つとして知られる。ランニング、ジャンプ、スタート時など急に筋肉を強く収縮したり伸展した場合に発生する。短距離、ハードル、サッカーなどの選手では半膜様筋や大腿(だいたい)四頭筋など大腿部の筋肉に多くみられ、中・長距離選手では下腿三頭筋におこりやすい。
 筋腹の部分に突然電撃様の激痛がおこり、受傷部位に硬結を触れるが、筋線維や筋膜が断裂したときには陥凹を触れる。筋を収縮させると疼痛(とうつう)性の機能障害がみられ、皮下出血を認めることもある。寒い日、グラウンドが堅く、靴のスパイクが長すぎるときに多いとされており、気温の変化や急激な力強い筋収縮などが誘因となる。治療としては断裂部局所の安静が重要で、スポーツ選手の場合はテーピングや圧迫包帯が効果的である。2、3日の冷湿布ののち、温湿布にかえ、1週間後から温浴マッサージを始める。完全に筋肉が回復するには3週間から1か月くらいかかる。十分に準備体操を行うことが予防となる。[荒木京二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肉離れの関連キーワードスポーツ障害テーピング中野浩一徳本一善ゲレーロ内田篤人柔道整復大腿部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肉離れの関連情報