コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺挫傷 はいざしょうLung Contusion

家庭医学館の解説

はいざしょう【肺挫傷 Lung Contusion】

[どんな病気か]
 胸を強く圧迫されたりして肺がつぶれ、肺の中に出血、血腫(けっしゅ)(血液のかたまり)、液体がたまった状態です。
 肋骨骨折(ろっこつこっせつ)(「肋骨骨折」)、血胸(けっきょう)・気胸(ききょう)(「血胸/気胸/血気胸」)、周囲の臓器の損傷を合併していることが多いものです。
 血(けっ)たんと胸痛がおもな症状です。
[検査と診断]
 胸部X線検査を行なうと、粒状やまだら状の陰影が写るので診断がつきます。
 胸部CTを行なうと、より詳しい状態がわかります。
 胸痛などのために出入りする空気の量が低下し、血液検査で炭酸ガスが血液中にたまる高炭酸(こうたんさん)ガス血症(けっしょう)がみられることもあります。
 血液中の酸素濃度が薄くなる低酸素血症(ていさんそけっしょう)がみられるときは重症です。
[治療]
 臓器に損傷がなく、バイタルサイン(血圧、脈拍、呼吸など(コラム「バイタルサインとは」))に異常がなければ、止血剤を使用し、たんの排出をうながします。
 肺からもれる空気や血液の量が多い場合、または空気や血液のもれがいつまでも続くといった場合は、開胸して、肺の傷を縫合(ほうごう)する手術にふみきります。
 低酸素血症やフレイルチェスト(「フレイルチェスト(動揺胸郭/FC)」)を合併するときは、酸素吸入を行ないますが、人工呼吸が必要になることもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

肺挫傷の関連キーワードフレイルチェスト(動揺胸郭/FC)ARDSをひきおこす病気肺外傷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肺挫傷の関連情報