肺膿瘍(読み)はいのうよう

百科事典マイペディアの解説

肺膿瘍【はいのうよう】

肺実質内の限局した炎症巣で,壊死(えし)を伴う。原因は気道内異物吸引,気管支閉塞(へいそく)肺炎,肺梗塞敗血症など。発熱,咳(せき),大量の膿性痰(たん)(肺壊疽(えそ)と異なり悪臭はない),ときに血痰がある。治療は抗生物質投与,ときに手術。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はいのうよう【肺膿瘍】

化膿菌・アメーバ・真菌などにより、肺組織に化膿・壊死えし性の腫瘤が形成された状態。肺化膿症。肺癰はいよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の肺膿瘍の言及

【肺化膿症】より

…しかし,ブドウ球菌もしくは肺炎杆菌による肺炎のように,肺実質の破壊傾向があり膿瘍をつくることもしばしばみられる場合,両者の区別は必ずしも明確ではない。従来は好気性菌感染による肺膿瘍lung abscessと,嫌気性菌感染による肺壊疽(はいえそ)lung gangreneの二つに区別したが,混合感染例も多く両者を判然と区別するのは困難なこともあり,両者を総括して肺化膿症と呼んでいる。抗生物質の導入により発生頻度は激減し,死亡率も著しく低下した。…

※「肺膿瘍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android