コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胚培養士 ハイバイヨウシ

デジタル大辞泉の解説

はいばいよう‐し〔ハイバイヤウ‐〕【×胚培養士】

医療機関において人工授精顕微授精などの体外受精の操作を行う医療技術者培養液の管理、精子卵子の培養、顕微鏡下での受精操作、の凍結保存などを行い、生物学細胞学倫理学の知識が必要とされる。もとは医師が兼務することが多かったが、診療との両立が難しくなったことなどから、現在では、臨床検査技師専任の技術者が務めることが多くなった。培養士胚細胞培養士エンブリオロジスト

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

胚培養士

シャーレ内で精子と卵子を混合して受精を促したり、顕微鏡を使って精子を卵子に注入したりする作業のほか、受精卵の培養、精液検査、精子の凍結保存などを担う技術者。英語名で「エンブリオロジスト」とも呼ばれる。国家資格ではないが、独自の認定資格を出している学会もある。現場では臨床検査技師などの国家資格者が兼務する場合も多い。

(2009-02-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胚培養士
はいばいようし
embryologist

生殖補助医療にかかわる実際の操作を行う医療技術者。生殖補助医療胚培養士、エンブリオロジストともいう。培養液の作製および培養環境の管理、生殖細胞(卵子、精子および胚)の培養、授精操作(媒精、顕微授精)、凍結保存、記帳管理、受精卵子および胚の培養管理などのほか、生殖医学関連情報の収集、培養室の設計・管理などを行う。認定資格には、日本哺乳(ほにゅう)動物卵子学会が講習と面接試験を行って認定する「胚培養士」と、日本臨床エンブリオロジスト学会が研修と筆記試験および面接試験を行い認定する「臨床エンブリオロジスト」の2系統がある。どちらの場合も認定後は5年ごとに更新審査を受ける。受験資格として生物学や細胞病理学などの専門知識と、生殖補助医療に対する高い倫理観が要求される。かつては産婦人科医などが兼務することもあったが、現在では資格要件をみたす専門技術者が業務にあたることが多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胚培養士の関連情報