コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡瓶 コヘイ

デジタル大辞泉の解説

こ‐へい【×瓶】

中国、唐代に流行した西域伝来の酒瓶。注ぎ口鳳凰(ほうおう)の頭をかたどってある。金銀器・ガラス器・漆器などのものがある。日本でも宮中節会などに用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こへい【胡瓶】

西域風の瓶へい。注ぎ口に鳥の頭を象かたどり、取っ手がある。中国、唐代に流行。日本でも奈良・平安時代に朝儀・法会などに用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

胡瓶の関連キーワードペルシア美術金属工芸籃胎漆器平安時代正倉院取っ手漆胡瓶瓶子朝儀法会

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胡瓶の関連情報