胸突き八丁(読み)ムナツキハッチョウ

デジタル大辞泉の解説

むなつき‐はっちょう〔‐ハツチヤウ〕【胸突き八丁】

富士登山で頂上までの8丁(約872メートル)のけわしい道。転じて、急斜面の長い坂道。
物事を成し遂げる過程で、いちばん苦しい正念場。「交渉は胸突き八丁にさしかかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むなつきはっちょう【胸突き八丁】

〔富士山の頂上付近のけわしい八丁(872メートル)をいったことから〕 急な登り道。
転じて、目標に達する直前の最も苦しいところ。 「日米交渉は-にさしかかった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胸突き八丁の関連情報