コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂/阪 サカ

3件 の用語解説(坂/阪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さか【坂/阪】

一方が高く他方が低く傾斜している道。また、その傾斜。さかみち。「―を上る」「下り―」
物事の区切りを、坂の頂上にたとえていう語。多く、年齢についていう。「六〇の―を越す」

はん【坂】[漢字項目]

[音]ハン(漢) [訓]さか
学習漢字]3年
〈ハン〉さか。「急坂登坂
〈さか(ざか)〉「坂道男坂女坂
[難読]坂東(ばんどう)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さか【坂】

傾斜地,上り下りする道をさす語であるところから,古来さまざまな意味合いで用いられてきた。語源については,〈サカシキ(嶮)〉〈サカヒ(堺,境)〉〈サカフ(逆)〉に発するとか,また,〈サキ(割)〉の原語のサとカ(処)とから成るとかいわれているが定かではない。しかし,坂といわれる場所が地域区分上の境界をなしたり,交通路のをなしたりしている事例が少なくないことは,語源に関する諸説の中ではとくに重要とみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone