コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能円 のうえん

2件 の用語解説(能円の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

能円 のうえん

1140-1199 平安後期-鎌倉時代の僧。
保延(ほうえん)6年生まれ。天台宗平時子,平時忠の異父弟。治承(じしょう)3年法勝寺(ほっしょうじ)執行(しゅぎょう)となるが,平氏滅亡により備中(びっちゅう)(岡山県)に流される。娘の在子(承明門院)は後鳥羽天皇の妃となり,土御門(つちみかど)天皇を生んだ。正治(しょうじ)元年8月24日死去。60歳。俗姓は藤原。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

能円

没年:正治1.8.24(1199.9.16)
生年:保延6(1140)
平安末・鎌倉初期の天台宗の僧。藤原顕憲の子。母は藤原家範の娘で,平時信に再嫁して時忠,時子らを生んだ。その関係から能円は平清盛に近侍し,尊勝寺執行を経て治承3(1179)年法勝寺執行に補された。刑部卿藤原範兼の娘範子(後鳥羽天皇乳母)との間に在子(のちの承明門院,土御門天皇の母)らをもうけたが,平氏都落ちに従い西下して,壇の浦の戦で生け捕られたのち備中国に配流された。その後孫に当たる土御門天皇が即位したが,『愚管抄』によれば,僧が天皇の外祖父であるのはどうか,といわれているうちに病没した。

(木村真美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能円の関連キーワード林順亮百如慈芳普門円通孝暢栄西扶桑略記元三大師義真大谷の石仏観性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能円の関連情報