コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承明門院 しょうめいもんいん

6件 の用語解説(承明門院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

承明門院
しょうめいもんいん

[生]承安1(1171).京都
[没]正嘉1(1257).7.5. 京都
後鳥羽天皇の後宮源在子。父は内大臣源通親,母は刑部卿範兼の娘藤原範子後鳥羽天皇に入侍し,宰相君と称した。その所生の為仁親王 (土御門天皇) が即位するに及んで,正治1 (1199) 年従三位に叙せられ准三宮となり,建仁2 (1202) 年院号宣下を受けて承明門院と号した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうめい‐もんいん〔‐モンヰン〕【承明門院】

[1171~1257]後鳥羽天皇の後宮源在子(みなもとのざいし)の院号。土御門(つちみかど)天皇の母。母高倉範子(はんし)は離婚後土御門通親に再嫁、在子も通親に養われ、のち、通親は外戚として権勢を振るった

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承明門院 しょうめいもんいん

1171-1257 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の母。
承安(じょうあん)元年生まれ。父は能円。母は藤原範子(はんし)。源通親(みちちか)の養女。後鳥羽(ごとば)天皇の後宮にはいり,宰相君とよばれる。建久6年皇子為仁(土御門天皇)を生み,正治(しょうじ)元年准三宮となる。建仁(けんにん)2年院号をあたえられた。のち出家し,法名は真如妙(観)。正嘉(しょうか)元年7月5日死去。87歳。名は在子(ざいし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

承明門院

没年:正嘉1.7.5(1257.8.15)
生年:承安1(1171)
鎌倉前・中期の女院。後鳥羽天皇の後宮で,土御門天皇の母。名は在子。法勝寺執行法印能円と後鳥羽天皇の乳母藤原範子(範兼の娘)の子。宰相局と称して後鳥羽天皇に仕え,建久6(1195)年天皇とのあいだに第1皇子為仁(土御門天皇)を生んだ。為仁は権臣源通親に養育され,在子も通親の養女となった。これは能円が平氏と共に都落ちしたのち母範子が通親と再婚していたからである。同9年為仁が即位すると,その翌正治1(1199)年従三位,准后となったが,このころには後鳥羽の寵愛は藤原範季の娘(修明門院)に移っていた。建仁2(1202)年院号宣下。承久の乱後は土御門天皇の子どもたちを保護,後見したが,そのなかのひとりが即位したことにより(後嵯峨天皇),恵まれた晩年を送った。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうめいもんいん【承明門院】

1171‐1257(承安1‐正嘉1)
後鳥羽天皇の後宮源在子(ざいし)の院号名。父は法印能円,母は藤原範子。範子の再嫁に従い源(土御門)通親の養育を受け,やがて天皇の後宮に入り宰相君と称す。1195年(建久6)皇子為仁を生み,98年為仁即位(土御門天皇)に及び,翌年従三位,准三宮。1202年(建仁2)院号宣下。11年(建暦1)出家。法名真如観。通親の権勢を維持・発展させるのに寄与した生涯であった。【杉橋 隆夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうめいもんいん【承明門院】

1171~1257) 後鳥羽天皇の後宮。名は源在子。源通親の養女。土御門天皇の生母。1202年院号宣下。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の承明門院の言及

【高倉範子】より

…卿二位兼子(卿局(きようのつぼね))の姉。はじめ平時子と同腹の能円(のうえん)に嫁し,在子(のちの承明門院)をもうける。1180年(治承4)後鳥羽天皇が誕生するや妹とともに乳母に上がったが,夫や平氏一門の西走に同行せず,やがて在子を伴って源通親に再嫁した。…

※「承明門院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

承明門院の関連キーワード修明門院宣陽門院後鳥羽院後鳥羽院御口伝惟明親王少納言典侍丹波局(2)丹波局(3)藤原範子藤原範季

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone