コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂城 あこうじょう

日本の城がわかる事典の解説

あこうじょう【赤穂城】

兵庫県赤穂市上仮屋にあった平城(ひらじろ)。江戸時代に「江戸城松の廊下の刃傷事件」で改易された浅野氏の居城。甲州流軍学による縄張りとして有名。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。1645年(正保2)に浅野長直(ながなお)が入封し、千草川河口に新城の構築を計画した。甲州流軍学を修めた家臣近藤正純(まさずみ)に設計を命じ、1648年(慶安1)から13年の歳月をかけて築城された。城は軍学に基づいたもので、本丸・二の丸・三の丸ともに同一平面上に築かれた変形輪郭式平城である。軍学者山鹿素行(やまがそこう)も築城にあずかり、このうち二の丸門虎口の縄張りは山鹿素行が一部変更したと伝えられている。赤穂城は近世前期における最も新しい築城遺構であり、城郭史上でも貴重である。浅野長直・長友・長矩(ながのり)と続き、1701年(元禄14)に浅野長矩が江戸城松の廊下で刃傷事件を起こして浅野家は改易。下野(しもつけ)(栃木県)烏山から永井直敬が入封し、1706年(宝永3)に備中(岡山県)西江原から森長直(ながなお)が入城した。森氏は12代にわたって居城し、森忠義のときに明治維新を迎える。明治に入って城壁が取り壊されるなど荒廃したが、1955年(昭和30)に大手門や櫓(やぐら)、城壁の一部などが復元された。2002年(平成14)には本丸庭園と二の丸庭園が国の名勝に指定され、城跡公園として整備が進んでいる。JR赤穂線播州赤穂駅から徒歩約10分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

赤穂城の関連キーワード兵庫県赤穂市上仮屋南兵庫県赤穂市上仮屋赤穂浪士(日本史)兵庫県赤穂市赤穂城跡公園御木本 伸介大石良雄宅跡加里屋城跡赤穂(市)塩谷判官浅野長矩忠臣蔵物深作欣二赤穂城跡脇坂安照赤穂浪士吉良義央大石神社播磨国泉岳寺

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤穂城の関連情報