コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈動星 ミャクドウセイ

百科事典マイペディアの解説

脈動星【みゃくどうせい】

脈動変光星とも。星の規則的な膨張収縮の繰り返し(脈動)のために,明るさの変化する星。脈動は星の固有振動によるもの。5.4日の周期で3.7等から4.9等まで明るさを変えるケフェウス座δ星が代表例。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みゃくどうせい【脈動星 pulsating star】

星自身が規則正しく膨張と収縮を繰り返すために明るさの変化する星。脈動変光星ともいう。脈動星では,単に明るさが変化するだけでなく,脈動により星の表面が膨張,収縮するようすがスペクトル線のドップラー速度の変化としても観測される。脈動星の代表としては,ケフェウス座δ星がある。この星は,5.4日の周期で極大光度3.7等から極小光度4.9等まで1等級ほど明るさが変わる。脈動星は,脈動の周期,変光の特徴,スペクトル型などから,いくつかのグループに分類されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脈動星
みゃくどうせい

脈動説」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

脈動星の関連キーワード岡山天体物理観測所宇宙線の起源シャプリー準宇宙線