コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈絡膜炎 ミャクラクマクエン

3件 の用語解説(脈絡膜炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みゃくらくまく‐えん【脈絡膜炎】

脈絡膜の炎症。多くは、網膜に波及し脈絡網膜炎となり、虹彩毛様体炎を伴う。視力障害飛蚊症(ひぶんしょう)などがみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みゃくらくまくえん【脈絡膜炎】

一般に網膜炎・虹彩毛様体炎を伴って起きる脈絡膜の炎症。梅毒・結核・腎炎・糖尿病・近視などが原因。視力障害・視野狭窄きようさく、色覚・光覚異常が起きる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脈絡膜炎
みゃくらくまくえん

脈絡膜は血管に富み、網膜外層にも栄養を補給しているので、脈絡膜の炎症は網膜に波及して脈絡網膜炎の形をとったり、網膜の炎症が脈絡膜に及び網脈絡膜炎の形をとる。虹彩(こうさい)毛様体炎を伴うこともしばしばある。自覚的には視力障害や飛蚊(ひぶん)症を、他覚的には脈絡膜からの滲出(しんしゅつ)物による網膜の浮腫(ふしゅ)混濁や出血、滲出斑(はん)、硝子体(しょうしたい)混濁その他を認める。脈絡網膜炎には原田(はらだ)病、交感性眼炎、結核、真菌感染などが、網膜に主病変のある網脈絡膜炎にはトキソプラズマ症やサイトメガロウイルス感染、ベーチェット病などがある。幼小児に本疾患は少ないが、トキソプラズマ症、イヌ回虫症、周辺性ぶどう膜炎、サイトメガロウイルス感染、若年性関節リウマチなど特有なものがある。[小暮美津子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脈絡膜炎の言及

【ぶどう膜(葡萄膜)】より


[ぶどう膜の病気]
 ぶどう膜は炎症を起こしやすい組織である。ぶどう膜炎uveitisは,炎症の中心あるいは強い部位に従って,脈絡膜炎choroiditis,虹彩炎iritis,毛様体炎cyclitisなどに分けられる。また炎症の過程により,外因性のものと内因性のものとに分けられる。…

※「脈絡膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脈絡膜炎の関連キーワード髄膜炎脈絡膜網膜炎網膜症眼底脈絡眼火閃発脈絡叢ぶどう膜欠損(症)ぶどう膜炎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脈絡膜炎の関連情報