コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虹彩毛様体炎 こうさいもうようたいえん iridocyclitis

4件 の用語解説(虹彩毛様体炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虹彩毛様体炎
こうさいもうようたいえん
iridocyclitis

瞳孔周囲の部分の炎症で,視力障害が現れ,さらには進行して失明することもある。若年性リウマチ患者の約3%に発症する。瞳孔の大きさが左右異なったり,光を当てたときの瞳孔の縮小が十分でないことなどで気づかれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうさいもうようたい‐えん〔コウサイモウヤウタイ‐〕【虹彩毛様体炎】

虹彩および毛様体の炎症。細菌・ウイルスの感染によるもの、ベーチェット病などの疾患によるものなど、原因はさまざま。→葡萄膜(ぶどうまく)炎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうさいもうようたいえん【虹彩毛様体炎】

虹彩と、近接する毛様体とに生ずる炎症。虹彩炎。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虹彩毛様体炎
こうさいもうようたいえん

虹彩と毛様体は近接しているので、一方の炎症は容易に他方に波及する。そのうえ毛様体は臨床的に観察しにくい場所にあるので、両者の炎症を区別するのはむずかしい。そこで、両者をあわせて虹彩毛様体炎ということが多い。また、この疾患は、ぶどう膜の前部にある組織の炎症でもあるので前部ぶどう膜炎ともよばれ、ぶどう膜炎の部分症として、後部ぶどう膜炎(脈絡膜炎)とともに発症することもしばしばある。症状は、自覚的にも他覚的にも虹彩炎より重く、虹彩後(こう)癒着や周辺部虹彩前癒着(虹彩根部と角膜後面との癒着)、硝子体(しょうしたい)混濁、続発緑内障、併発白内障などの合併頻度も高い。虹彩毛様体炎は、虹彩結節や大形の角膜後面沈着物をつくる肉芽(にくが)性炎症と、そうでない非肉芽性炎症に分けられる。肉芽性虹彩毛様体炎は緩慢に発症して慢性進行性に経過し、結核、サルコイドーシス、梅毒、原田病、交感性眼炎などで多くみられ、非肉芽性虹彩毛様体炎は滲出(しんしゅつ)性変化が強く、多くは急性発症する。ベーチェット病やリウマチ性疾患、アレルギー、病巣感染、強直性脊椎(せきつい)炎などでおこる。原因不明も半数近くある。外傷でもおこる。体の他の場所にある化膿(かのう)巣からの転移でおこるもののなかには、全眼球炎となって眼球癆(ろう)に陥り失明するものもある。原因のわかっているものに対しては、まず原因療法を行う。眼局所には散瞳(さんどう)薬とステロイド剤の点眼、必要に応じてステロイド剤の球結膜下注射をする。合併症に対しては手術的療法も行う。[小暮美津子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虹彩毛様体炎の関連キーワード角膜炎牛脚油網膜炎視力障害脈絡膜炎肛門周囲炎多発神経炎硝子体混濁塩原視力障害センターの廃止問題白内障/緑内障

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虹彩毛様体炎の関連情報