コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱する ダッスル

デジタル大辞泉の解説

だっ・する【脱する】

[動サ変][文]だっ・す[サ変]
好ましくない状態・境遇などからぬけ出る。のがれる。脱出する。「窮地を―・する」「旧弊を―・する」「煩悶から―・する」
加わっていた組織や仲間などからぬける。脱退する。「同盟関係を―・する」
抜け落ちる。もれる。「名簿に彼の名前が―・していた」
身につけているものをとる。ぬぐ。
「一寸(ちょっ)と帽を―・して挨拶し」〈鉄腸・花間鶯〉
含まれているもの、つまっているものを取り除く。「コルク栓を―・する」「脱水機で水分を―・する」
仕上げる。原稿を書き終える。「稿を―・する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だっする【脱する】

( 動サ変 ) [文] サ変 だつ・す
(自動詞)
抜け出る。のがれでる。 「会員から自発的に-・する」 「敵地から-・する」
抜ける。落ちる。 「ホースが蛇口から-・する」
(他動詞)
抜け出す。 「危機を-・する」 「死地を-・する」
仲間や集団から抜けて出る。 「隊列を-・する」 「党を-・する」
身につけているものを取る。ぬぐ。 「紳士は帽を-・して/義血俠血 鏡花
原稿・草案などを書き上げる。脱稿する。 「稿を-・する」
ある程度や範囲を超える。 「素人の域を-・する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

脱するの関連キーワードマイクロクレジット(少額融資)ヤコポ・ダ・レンティーニ軛・頸木・衡・頚木デジタルデトックスキャリーバックマンネリズム学習性無力感アニリン中毒虎口を脱するネット断ちシャフナー姨捨山伝説ビューロー脱工業社会死に至る病長夜の眠り習弊・襲弊生死を離るスランプ解放戦争

脱するの関連情報