コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕くらべ ウデクラベ

デジタル大辞泉の解説

うでくらべ【腕くらべ】

永井荷風長編小説大正5~6年(1916~17)発表。新橋の芸妓駒代を主人公に、彼女をめぐるさまざまの男性を通して当時の風俗を描いた、近代花柳小説の代表作

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うでくらべ【腕くらべ】

永井荷風の長編小説。1916年(大正5)から17年にかけて《文明》に連載。17年,私家版50部限定として知友に配布し,翌年流布本(削除をほどこしたもの)を刊行。戦後は私家版500部限定の刊行などもあり,その系統の本文が読まれている。大正初期の新橋花柳界を舞台にしたいわゆる〈花柳小説〉。尾花家の抱えの駒代を主人公として,実業家の吉岡,役者の瀬川,姐さん芸者の力次,枕芸者の菊千代,芸者上がりの君竜などが,金と色の世界の〈腕くらべ〉を展開する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うでくらべ【腕くらべ】

小説。永井荷風作。1916(大正5)~17年「文明」に連載。新橋芸妓の色恋と金欲の腕くらべを中心に花柳界の風俗を写実的に描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腕くらべ
うでくらべ

永井荷風の長編小説。1916年(大正5)8月から17年10月雑誌『文明』に連載、のち私家版50部限定として刊行(十里香館刊、17年12月の日付、実際は翌年1月)。荷風中期の代表作で、大正初めの新橋花柳(かりゅう)界を舞台とする「花柳小説」。尾花家(おばなや)の抱え駒代(こまよ)は実業家吉岡を旦那(だんな)にしているが、人気役者瀬川一糸に夢中になり、吉岡はその報復に菊千代を落籍し、また姐(ねえ)さん芸者力次は芸者あがりの君竜をそそのかして一糸を奪わせる。当世的な金と色と意地の腕くらべであるが、時勢おくれの尾花家の亭主と老妓(ろうぎ)、旧派の文学者南巣(なんそう)らの設定は、それらを相対化している。エロティックな描写を含むが、季節の推移と融(と)け込んだ年中行事や風俗の描出に別趣の詩的な味わいがある。[竹盛天雄]
『『荷風全集6』(1962・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

腕くらべの関連キーワード杯盤狼藉・盃盤狼藉立て通し・立通し目が眩れる前田 曙山買い馴染む焼け木杭仄見せる杯盤狼藉権柄尽く百済河成老少不定一列一体年が年中中年者運動場便ずる撫でる末始終幅利き供待ち

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腕くらべの関連情報