コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕の喜三郎 ウデノキサブロウ

3件 の用語解説(腕の喜三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うでのきさぶろう〔うでのキサブラウ〕【腕の喜三郎】

歌舞伎狂言世話物。3幕。本名題「玆江戸小腕達引(ここがえどこうでのたてひき)」。河竹黙阿弥作。文久3年(1863)江戸市村座初演。江戸の侠客(きょうかく)腕の喜三郎の物語を脚色。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

腕の喜三郎 うでの-きさぶろう

1642-1715 江戸時代前期の侠客(きょうかく)。
寛永19年生まれ。寛文のころ江戸神田で旗本奴(やっこ)と喧嘩(けんか)。相手を数人きったが,自分も片腕をきられておちんばかりとなったので,その腕を鋸(のこぎり)できりとらせたという。以来腕の喜三郎とよばれ,のち歌舞伎などに脚色された。正徳(しょうとく)5年12月死去。74歳。姓は野出。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うでのきさぶろう【腕の喜三郎】

歌舞伎「茲江戸小腕達引ここがえどこうでのたてひき」の通称。世話物の一。河竹黙阿弥作。1863年初演。喧嘩をせぬという証あかしに片腕を切り落とした俠客腕の喜三郎は、剣の師から奥義書を盗み、その娘をかどわかして逃げた門弟頭を、誓いを破って大立ち回りの末に討ち果たす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腕の喜三郎の関連キーワード薩摩源五兵衛鍾馗半兵衛白輿三右衛門甚太七兵衛鐘弥左衛門半鐘八右衛門真虫次兵衛冥途小八紅葉安兵衛奴治兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone