コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕の喜三郎 ウデノキサブロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

腕の喜三郎 うでの-きさぶろう

1642-1715 江戸時代前期の侠客(きょうかく)。
寛永19年生まれ。寛文のころ江戸神田で旗本奴(やっこ)と喧嘩(けんか)。相手を数人きったが,自分も片腕をきられておちんばかりとなったので,その腕を鋸(のこぎり)できりとらせたという。以来腕の喜三郎とよばれ,のち歌舞伎などに脚色された。正徳(しょうとく)5年12月死去。74歳。姓は野出。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うでのきさぶろう【腕の喜三郎】

歌舞伎「茲江戸小腕達引ここがえどこうでのたてひき」の通称。世話物の一。河竹黙阿弥作。1863年初演。喧嘩をせぬという証あかしに片腕を切り落とした俠客腕の喜三郎は、剣の師から奥義書を盗み、その娘をかどわかして逃げた門弟頭を、誓いを破って大立ち回りの末に討ち果たす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

腕の喜三郎の関連キーワード中村 又五郎(2代目)野出喜三郎奥義書

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android