コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腟痙攣 ちつけいれん

百科事典マイペディアの解説

腟痙攣【ちつけいれん】

単に痙とも。腟口や腟周囲の筋肉が不随意(ふずいい)な痙攣・収縮を起こす症状。疼痛(とうつう)を伴うことが多い。おもに初交のときに起こる拒否的反応で,陰茎の挿入が不可能になり,挿入後に起こった場合は結合を解くのが困難。
→関連項目性交不能症

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちつけいれん【腟痙攣 vaginismus】

腟痙ともいう。性交時,腟入口部,会陰部の筋肉の痙攣的収縮のため性交が不能となるもので,性的に興奮したり想像するだけでも起こりうる。若い神経質な婦人に多く,性交に伴う疼痛(初回性交時など)や,性交に対する恐怖心が誘因となるが,原因がはっきりしない場合も多い。治療としては,性交や性器に対する不安の除去を図る心理療法のほか,処女膜切開など疼痛の原因除去が行われる。性交不能症【佐藤 孝道

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

腟痙攣の関連キーワード鎮静薬鎮痙薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android