コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶血性尿毒症症候群 ヨウケツセイニョウドクショウショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

ようけつせいにょうどくしょう‐しょうこうぐん〔ヨウケツセイネウドクシヤウシヤウコウグン〕【溶血性尿毒症症候群】

エッチ‐ユー‐エス(HUS)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶血性尿毒症症候群【ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん】

スイスの小児科医ガッセルらが1955年に報告した病気で,1996年に大流行したO-157にともなう感染症の一つ。英語でhemolytic uremic syndromeということから,略してHUSともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

家庭医学館の解説

ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん【溶血性尿毒症症候群 Hemolytic Uremic Syndrome】

[どんな病気か]
 細菌が産生する、おもにベロ毒素によってひきおこされる血栓性微小血管障害(けっせんせいびしょうけっかんしょうがい)で、溶血性貧血血小板減少(けっしょうばんげんしょう)、急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)を三主徴とする病気です。
 腸管出血性大腸菌O(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきんオー)‐157(いちごーなな)の感染にともなっておこるものが、もっとも有名です。
[症状]
 数日間の先行感染(下痢(げり)などの胃腸炎や上気道炎(じょうきどうえん))のあとに、突然に顔面蒼白(そうはく)、無欲状態となり、出血斑(しゅっけつはん)、乏尿(ぼうにょう)、無尿(むにょう)で気づかれることが多いものです。
 けいれん、昏睡(こんすい)などの中枢神経(ちゅうすうしんけい)症状によって発見されることもありますが、この場合は、予後がきわめて悪くなります。
[検査と診断]
 前記の症状と血液検査の結果から、この病気の診断は容易にできます。
 貧血、血小板減少、尿素窒素値(にょうそちっそち)とクレアチニン値の上昇がみられます。
[治療]
 ふつう、保存的治療と対症療法を行ないます。
 ベロ毒素による出血性大腸炎に対する抗生物質の使用は、病原菌からの毒素の産生をひきおこすということで、抗生物質を使用しない考え方もありますが、いまだに意見の一致はみていません。
 止痢薬(しりやく)(下痢止め)は使わないようにし、高血圧のコントロール、血液の水・電解質や酸塩基の補正を行ないます。貧血に対する治療は、ゆっくり行ないます。
 尿がまったく出なくなったり(無尿)、コントロールのできない高血圧、水・電解質異常、酸血症、そしてけいれんがあれば、すみやかに透析(とうせき)(血液透析(けつえきとうせき)あるいは腹膜透析(ふくまくとうせき)(「人工透析」))を行ないます。
 その他の治療として、新鮮凍結血漿(けっしょう)の輸注、大量ガンマグロブリン療法、血漿交換などが行なわれます。
 10年以上経過した後で、たんぱく尿や高血圧、あるいは腎機能低下といった症例が20%から40%の人にみられるので、この病気の予後は、かならずしもよいとはいえません。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

溶血性尿毒症症候群の関連キーワード急速進行性腎炎症候群の原因となる病気血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)急性腎炎症候群の原因となる病気おとなの溶血性尿毒症性症候群WHOによる糸球体疾患の分類大腸菌O(オー)111エイズ(AIDS)血小板減少性紫斑病子どもの急性胃腸炎O111集団食中毒病原大腸菌食中毒O157後遺症病原性大腸菌世界保健機関感染性腸炎O一〇四O一一一O157狂牛病

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶血性尿毒症症候群の関連情報