コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶血性尿毒症症候群 ヨウケツセイニョウドクショウショウコウグン

3件 の用語解説(溶血性尿毒症症候群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようけつせいにょうどくしょう‐しょうこうぐん〔ヨウケツセイネウドクシヤウシヤウコウグン〕【溶血性尿毒症症候群】

エッチ‐ユー‐エス(HUS)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

溶血性尿毒症症候群【ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん】

スイスの小児科医ガッセルらが1955年に報告した病気で,1996年に大流行したO-157にともなう感染症の一つ。英語でhemolytic uremic syndromeということから,略してHUSともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ようけつせいにょうどくしょうしょうこうぐん【溶血性尿毒症症候群 Hemolytic Uremic Syndrome】

[どんな病気か]
 細菌が産生する、おもにベロ毒素によってひきおこされる血栓性微小血管障害(けっせんせいびしょうけっかんしょうがい)で、溶血性貧血血小板減少(けっしょうばんげんしょう)、急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)を三主徴とする病気です。
 腸管出血性大腸菌O(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきんオー)‐157(いちごーなな)の感染にともなっておこるものが、もっとも有名です。
[症状]
 数日間の先行感染(下痢(げり)などの胃腸炎や上気道炎(じょうきどうえん))のあとに、突然に顔面蒼白(そうはく)、無欲状態となり、出血斑(しゅっけつはん)、乏尿(ぼうにょう)、無尿(むにょう)で気づかれることが多いものです。
 けいれん、昏睡(こんすい)などの中枢神経(ちゅうすうしんけい)症状によって発見されることもありますが、この場合は、予後がきわめて悪くなります。
[検査と診断]
 前記の症状と血液検査の結果から、この病気の診断は容易にできます。
 貧血、血小板減少、尿素窒素値(にょうそちっそち)とクレアチニン値の上昇がみられます。
[治療]
 ふつう、保存的治療と対症療法を行ないます。
 ベロ毒素による出血性大腸炎に対する抗生物質の使用は、病原菌からの毒素の産生をひきおこすということで、抗生物質を使用しない考え方もありますが、いまだに意見の一致はみていません。
 止痢薬(しりやく)(下痢止め)は使わないようにし、高血圧コントロール、血液の水・電解質や酸塩基の補正を行ないます。貧血に対する治療は、ゆっくり行ないます。
 尿がまったく出なくなったり(無尿)、コントロールのできない高血圧、水・電解質異常、酸血症、そしてけいれんがあれば、すみやかに透析(とうせき)(血液透析(けつえきとうせき)あるいは腹膜透析(ふくまくとうせき)(「人工透析」))を行ないます。
 その他の治療として、新鮮凍結血漿(けっしょう)の輸注、大量ガンマグロブリン療法血漿交換などが行なわれます。
 10年以上経過した後で、たんぱく尿や高血圧、あるいは腎機能低下といった症例が20%から40%の人にみられるので、この病気の予後は、かならずしもよいとはいえません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

溶血性尿毒症症候群の関連キーワード細菌毒素何心地馬鹿苗病ガス生成菌ニバレノール百日咳毒素ボツリヌス毒素麦粒腫(ものもらい)精嚢炎トキソイドワクチン (toxoid vaccine)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

溶血性尿毒症症候群の関連情報