腹に据えかねる(読み)ハラニスエカネル

デジタル大辞泉「腹に据えかねる」の解説

はらえか・ねる

怒りを心中におさめておくことができなくなる。がまんができない。「あの発言はどうにも―・ねる」
[補説]文化庁が発表した平成17年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「えかねる」を使う人が74.4パーセント、本来の言い方ではない「きもに据えかねる」を使う人が18.2パーセントという結果が出ている。
[類語]切れる堪忍袋の緒が切れる腹の虫が治まらない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「腹に据えかねる」の解説

はら【腹】 に 据(す)えかねる

怒りをおさえることができない。がまんができない。
※虎寛本狂言・若市(室町末‐近世初)「上人にすゑかねて、手棒を振上かかり給へば」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「人を見括(みくび)った一言ばかりは、如何にしても腹に据ゑかねる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android