腹に据えかねる(読み)ハラニスエカネル

デジタル大辞泉の解説

腹(はら)に据(す)えか・ねる

怒りを心中におさめておくことができなくなる。がまんができない。「あの発言はどうにも―・ねる」
[補説]文化庁が発表した平成17年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「に据えかねる」を使う人が74.4パーセント、本来の言い方ではない「肝(きも)に据えかねる」を使う人が18.2パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらにすえかねる【腹に据えかねる】

怒りを押さえることのできる範囲をこえている。我慢しきれない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はら【腹】 に 据(す)えかねる

怒りをおさえることができない。がまんができない。
※虎寛本狂言・若市(室町末‐近世初)「上人腹にすゑかねて、手棒を振上かかり給へば」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「人を見括(みくび)った一言ばかりは、如何にしても腹に据ゑかねる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android