腹に据えかねる(読み)ハラニスエカネル

デジタル大辞泉「腹に据えかねる」の解説

腹(はら)に据(す)えか・ねる

怒りを心中におさめておくことができなくなる。がまんができない。「あの発言はどうにも―・ねる」
[補説]文化庁が発表した平成17年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「に据えかねる」を使う人が74.4パーセント、本来の言い方ではない「肝(きも)えかねる」を使う人が18.2パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「腹に据えかねる」の解説

はら【腹】 に 据(す)えかねる

怒りをおさえることができない。がまんができない。
※虎寛本狂言・若市(室町末‐近世初)「上人腹にすゑかねて、手棒を振上かかり給へば」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「人を見括(みくび)った一言ばかりは、如何にしてもに据ゑかねる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android