コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹腔鏡下手術 ふっこうきょうかしゅじゅつ

百科事典マイペディアの解説

腹腔鏡下手術【ふっこうきょうかしゅじゅつ】

内視鏡の一つで,腹部を見るための腹腔鏡を使って行う手術。胆嚢(たんのう),胃,大腸,小腸などの疾患を対象とする。日本では1990年に帝京大学・山川達郎教授が初めて胆嚢摘出手術を行い,1992年には慶応義塾大学医学部・大上正裕医師が初めて胃癌(がん)手術に成功した。
→関連項目胸腔鏡下手術上皮内癌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹腔鏡下手術
ふくくうきょうかしゅじゅつ

腹部に数か所穴をあけ、内視鏡の一種である腹腔鏡を入れて内部をみながら、別の穴から入れた器具で手術を行う方法。産婦人科などでは早くから行われていたが、1987年、フランスで胆のう摘出手術が成功、腹部消化器手術の一つとして行われるようになった。日本でも1992年(平成4)から健康保険の適用とされている。従来の開腹手術に比べ患者の身体的負担が軽いため入院が短く、回復も早いので、医療費の削減にもつながる。虫垂炎、腸閉塞(へいそく)など応用範囲も広い。欧米では炭酸ガスで腹壁を持ち上げるが、機械的に持ち上げる日本の方法が注目されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腹腔鏡下手術の関連キーワード食道裂孔ヘルニア胃粘膜下腫瘍腹腔鏡手術結腸癌胃がん胆石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android