コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹腔鏡下手術 ふっこうきょうかしゅじゅつ

2件 の用語解説(腹腔鏡下手術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

腹腔鏡下手術【ふっこうきょうかしゅじゅつ】

内視鏡の一つで,腹部を見るための腹腔鏡を使って行う手術。胆嚢(たんのう),胃,大腸,小腸などの疾患を対象とする。日本では1990年に帝京大学・山川達郎教授が初めて胆嚢摘出手術を行い,1992年には慶応義塾大学医学部・大上正裕医師が初めて胃癌(がん)手術に成功した。
→関連項目胸腔鏡下手術上皮内癌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腹腔鏡下手術
ふくくうきょうかしゅじゅつ

腹部に数か所穴をあけ、内視鏡の一種である腹腔鏡を入れて内部をみながら、別の穴から入れた器具で手術を行う方法。産婦人科などでは早くから行われていたが、1987年、フランスで胆のう摘出手術が成功、腹部消化器手術の一つとして行われるようになった。日本でも1992年(平成4)から健康保険の適用とされている。従来の開腹手術に比べ患者の身体的負担が軽いため入院が短く、回復も早いので、医療費の削減にもつながる。虫垂炎腸閉塞(へいそく)など応用範囲も広い。欧米では炭酸ガスで腹壁を持ち上げるが、機械的に持ち上げる日本の方法が注目されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腹腔鏡下手術の関連キーワード内視鏡腹腔レーザー内視鏡内視鏡外科鏡なす視診物見窓TURP内視鏡手術腹腔鏡手術

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腹腔鏡下手術の関連情報