腹腔鏡下手術(読み)ふっこうきょうかしゅじゅつ

百科事典マイペディア「腹腔鏡下手術」の解説

腹腔鏡下手術【ふっこうきょうかしゅじゅつ】

内視鏡の一つで,腹部を見るための腹腔鏡を使って行う手術胆嚢(たんのう),胃,大腸,小腸などの疾患を対象とする。日本では1990年に帝京大学・山川達郎教授が初めて胆嚢摘出手術を行い,1992年には慶応義塾大学医学部・大上正裕医師が初めて胃癌(がん)手術に成功した。 現在,最も普及しているのが胆嚢摘出手術で,地域にもよるが関東地方では8割以上の病院で,腹腔鏡下手術を行っている。 手術方法は,腹部に数ヵ所の穴を開けて,ドームのように内部をふくらませる。さらに,腹腔鏡を穴から差し込んで,テレビモニターで内部を映し出し,ほかの穴から入れた細長いメスを操作しながら,病変を切り取っていく。 開腹手術と比べて,患者の負担はかなり少ない。たとえば,胆石であれば手術の3日後に電車に乗って帰ることができる。胃癌でも,翌日から食事やシャワーができ,5〜7日で退院できる。 ただし,対象となる疾患には,部位などによって条件がある。たとえば,胃癌は早期の粘膜癌のみが対象となるが,大腸癌はかなりの部分を腹腔鏡下によって切除できる。 いずれにせよ,かなりの熟練を要する手術だけに,症例数が多く,経験を積んだ医師のいる病院で受けるのが理想的である。→内視鏡的治療
→関連項目胸腔鏡下手術上皮内癌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「腹腔鏡下手術」の解説

腹腔鏡下手術
ふくくうきょうかしゅじゅつ

腹部に数か所穴をあけ、内視鏡の一種である腹腔鏡を入れて内部をみながら、別の穴から入れた器具で手術を行う方法。産婦人科などでは早くから行われていたが、1987年、フランスで胆のう摘出手術が成功、腹部消化器手術の一つとして行われるようになった。日本でも1992年(平成4)から健康保険の適用とされている。従来の開腹手術に比べ患者の身体的負担が軽いため入院が短く、回復も早いので、医療費の削減にもつながる。虫垂炎腸閉塞(へいそく)など応用範囲も広い。欧米では炭酸ガス腹壁を持ち上げるが、機械的に持ち上げる日本の方法が注目されている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android