コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虫刺され ムシササレ

3件 の用語解説(虫刺されの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むし‐さされ【虫刺され】

蚊や蚤(のみ)・毛虫・蜂などの虫に刺されること。また、そのために起こる痛みやかゆみ、炎症などの症状。「虫刺されの薬を塗る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虫刺され
むしさされ

節足動物による虫刺症の俗称で、刺咬(しこう)症ともいう。ハチをはじめブヨ、カ、ノミ、ダニ、ナンキンムシなどの虫に刺された部分の皮膚を中心に生ずる米粒大から爪(つめ)ぐらいの大きさの赤い斑点(はんてん)あるいはじんま疹(しん)様の紅斑をいう。大きな水疱(すいほう)をつくることもある。自覚症状として強いかゆみがあるのが普通であるが、ハチの場合は刺された箇所が数分後に大きく赤く腫(は)れ上がって強い痛みを伴い、ハチ毒に対する強いアレルギーがある場合にはショック状態となり、血圧が下がり冷や汗をかき、めまい、吐き気を伴い、意識も障害されるほどの重症となり、ときに死亡することもある。治療としては、軽症の場合は副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤含有クリームまたは軟膏(なんこう)の外用、中等症の場合には抗ヒスタミン剤の内服を加え、さらに重症の場合はこれに副腎皮質ホルモン剤の全身療法を加える。ショック状態に対しては救急処置が必要である。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の虫刺されの言及

【痒疹】より

…急性痒疹の大部分は小児にみられ,一般には小児ストロフルスとして知られていたが,近年発生が減っている。代わって最近では虫刺されが主因とされ,したがって夏季に露出した四肢に生じやすい。虫に刺されたのち,漿液性丘疹から充実性丘疹となり,かゆさのため不眠や食欲減退を起こし,かきこわして二次感染を受けると,飛火を続発する。…

※「虫刺され」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

虫刺されの関連情報