コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱損傷 ぼうこうそんしょう Injuries to the Bladder

2件 の用語解説(膀胱損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうこうそんしょう【膀胱損傷 Injuries to the Bladder】

[どんな病気か]
 膀胱は空(から)の状態では、恥骨(ちこつ)の裏側にあるため、外力を受けにくいのですが、尿が充満しているときに、下腹部に強い外力が加わると、破裂して尿が膀胱の外にもれだします。このような状態を膀胱損傷といいます。
 膀胱の後ろは腹膜(ふくまく)に接していますが、その部分が破れた場合は腹膜内破裂(ふくまくないはれつ)、腹膜におおわれていない部分が破れた場合は腹膜外破裂(ふくまくがいはれつ)といいます。
[原因]
 交通事故での骨盤骨折(こつばんこっせつ)にともなっておこったり、婦人科の手術、直腸の手術など医療事故によっておこる場合が多いのですが、珍しいケースとしては、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)の高齢者、飲酒後の酩酊者(めいていしゃ)などが、膀胱に尿が充満した状態で転んだり蹴(け)られたりしたときに、自然破裂をおこすこともあります。
[症状]
 下腹部に受傷していて、血尿(けつにょう)、排尿困難、下腹部の痛みなどがあれば膀胱損傷を疑います。損傷がひどい場合には、尿が膀胱からもれてしまうため、尿意はあっても排尿ができません。
 腹膜内破裂では、尿が腹腔内(ふくくうない)にもれることが多いので、腹膜炎(ふくまくえん)の症状が現われてきます。
[検査と診断]
 清潔な状態で、尿道(にょうどう)からカテーテル(細い管)を入れ、膀胱内に生理的食塩水を静かに注入した後、それがすべて回収されるかどうかをみます。
 すべてが回収されない場合は膀胱損傷が疑われるため、造影剤をカテーテルから注入してX線撮影をし、造影剤のもれ方によって、腹膜内損傷か腹膜外損傷かを診断します。
[治療]
 ごく軽い損傷では、カテーテルを尿道に留置しておき、膀胱に尿がたまらないようにするだけで治ります。しかし、多くの場合は開腹し、損傷した膀胱を縫合します。この場合も、傷が回復するまで、カテーテルで尿を体外に導き(導尿)、膀胱を保護します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膀胱損傷
ぼうこうそんしょう

膀胱内に尿が多量にたまっているときに、交通事故、転倒などにより大きな外力が下腹部に加わったり、骨盤骨が骨折したときなどに発生する。このほか、子宮の手術や泌尿器科の経尿道的な手術操作中に発生することもある。
 外傷時のいわゆる膀胱破裂は、腹膜腔(くう)内と腹膜腔外への破裂に分けられる。前者の場合は、尿が腹膜腔内へ溢流(いつりゅう)するので強い腹痛がおこる。腹膜腔外への破裂では、尿は骨盤腔内へ浸潤する。骨盤静脈からの出血が多量に及ぶとショック状態となる。診断は、膀胱内へ造影剤を注入してX線撮影を行えば確定する。いずれにしても、ただちに手術により破裂箇所を修復しなくてはならない。子宮など他の骨盤腔内臓器の手術時に発生した膀胱損傷は、その場でただちに穿孔(せんこう)箇所を縫合閉鎖する。[松下一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

膀胱損傷の関連キーワード膀胱鏡膀胱結石膀胱癌どんどん節どんな何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone