コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群雀 ムラスズメ

デジタル大辞泉の解説

むら‐すずめ【群×雀】

群れをなしているスズメ

むれ‐すずめ【群×雀】

マメ科の落葉低木。多数の小枝を出し、葉は複葉。5月ごろ、黄色からのちに赤黄色に変わる蝶形の花が下向きに咲く。中国の原産で、日本には江戸時代渡来 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらすずめ【群雀】

群れをなしているすずめ。村雀。

むれすずめ【群雀】

マメ科の落葉低木。中国原産。江戸時代に渡来。よく分枝し、葉は小葉四個からなる羽状複葉で、長枝に互生、短枝に束生。春、葉腋ようえきに黄色の細い蝶ちよう形花が下垂して咲く。漢名、金雀花・錦雞児。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

群雀 (ムレスズメ)

学名:Caragana chamlagu
植物。マメ科の落葉低木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

群雀の関連キーワード大島 如雲羽状複葉長沢蘆雪大島如雲群れ漢名長枝短枝互生葉腋

群雀の関連情報