コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臣妾(読み)シンショウ

大辞林 第三版の解説

しんしょう【臣妾】

〔家来とめかけの意〕
人に服従する者。 「 -となり犬馬と化し/自由太刀余波鋭鋒 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の臣妾の言及

【妾】より

…一般の民俗においては,養子制度の発達もあって,めかけは特殊な存在であった。【植松 明石】
[中国]
 めかけは古くは女奴を意味し,男奴たる臣とあわせて〈臣妾〉の語があった。春秋末期から〈奴婢(ぬひ)〉の語が一般化するとともに,自由身分の側室をめかけと称するようになった。…

※「臣妾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android