コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨時外交調査委員会 りんじがいこうちょうさいいんかい

2件 の用語解説(臨時外交調査委員会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんじがいこうちょうさいいんかい【臨時外交調査委員会】

大正期の天皇直属の外交政策審議機関。1916年成立の寺内正毅内閣は,政治的基盤の安定をはかるために外交・国防方針での挙国一致をめざし,17年6月,第1次大戦後の外交政策審議を名目に臨時外交調査委員会を組織した。委員会は天皇直隷の機関とし,総裁に寺内首相,委員には外務,内務,陸軍,海軍各大臣,枢密顧問官から牧野伸顕伊東巳代治平田東助を任命。ほかに政友会原敬,憲政会加藤高明国民党犬養毅の3党首に就任をもとめたが,加藤は外務省による外交一元化の立場から就任を拒否した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨時外交調査委員会
りんじがいこうちょうさいいんかい

大正期の天皇直属の外交審議機関。1916年(大正5)成立した寺内正毅(てらうちまさたけ)内閣が、政治基盤の安定を図るため、外交・国防方針での挙国一致を目ざして翌年6月に組織した。総裁に寺内首相、委員には外・内・陸・海四相と枢密顧問官から牧野伸顕(まきののぶあき)、伊東巳代治(いとうみよじ)、平田東助(ひらたとうすけ)を任命。ほかに政友会原敬(はらたかし)、憲政会加藤高明(たかあき)、国民党犬養毅(いぬかいつよし)の三党首に就任を求めた。加藤には拒否されたが、これにより、政友、国民両党の支持を得ることに成功した。委員会はシベリア出兵問題を中心的に論議し、原、犬養らのアメリカとの協調出兵論が軍部の意見を制約するなどの役割も果たした。その後原敬内閣でもワシントン会議などの政策調整機能を果たしたが、その存立意義は漸次薄れ、22年9月、加藤友三郎(ともさぶろう)内閣によって廃止された。[由井正臣]
『小林龍夫編『翠雨荘日記』(1966・原書房) ▽小林龍夫著『臨時外交調査委員会の設置』(国際政治学会編『日本外交史の諸問題』所収・1965・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨時外交調査委員会の関連キーワード海軍省外交機関興亜院孤立主義臨時教育会議日銀政策審議委員会合議機関直属政策部会労働政策審議会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone