コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野伸顕 まきののぶあき

9件 の用語解説(牧野伸顕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牧野伸顕
まきののぶあき

[生]文久1(1861).10.22. 鹿児島
[没]1949.1.25. 千葉
政治家,外交官。大久保利通の次男。大叔母の婚家を継ぐ。明治4 (1871) 年,西郷隆盛が勅命により上京したとき,ともに上京。同年岩倉遣欧使節団に留学生として随行,渡米。西郷の息子菊次郎,村田新八の息子十蔵らとともにフィラデルフィアで中学に通った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まきの‐しんけん【牧野伸顕】

まきののぶあき(牧野伸顕)

まきの‐のぶあき【牧野伸顕】

[1861~1949]政治家。鹿児島の生まれ。名は「しんけん」とも。大久保利通の次男。文相・外相・内大臣などを歴任。二・二六事件で襲撃され、以後引退。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

牧野伸顕【まきののぶあき】

政治家,外交官。大久保利通の子。1880年外務省に入り伊藤博文の知遇を得た。第1次西園寺公望内閣の文相をつとめ,その後農商務・外務各相などを歴任。1919年パリ平和会議全権委員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野伸顕 まきの-のぶあき

1861-1949 明治-昭和時代前期の政治家。
文久元年10月22日生まれ。大久保利通(としみち)の次男。吉田茂の岳父。遠縁の牧野家をつぐ。外務省にはいり,駐イタリア公使などをつとめる。明治39年第1次西園寺(さいおんじ)内閣の文相となり,義務教育の4年から6年への延長などに尽力。のち枢密顧問官,農商務相,外相,パリ講和会議全権,宮内相,内大臣を歴任。伯爵。昭和24年1月25日死去。89歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。著作に「回顧録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

牧野伸顕

没年:昭和24.1.25(1949)
生年:文久3.10.22(1863.12.2)
明治から昭和前期の政治家,昭和天皇の側近。大久保利通と満寿子の次男で,牧野家を継いだ。明治4(1871)年岩倉使節団に実父と随行,アメリカで勉強した。7年帰国して東京開成学校に入学したが,12年中退し外務省に入り,ロンドン日本公使館勤務。伊藤博文に見いだされ,法制局参事官など歴任後,21年黒田清隆総理秘書官,内閣記録局長,福井,茨城県知事などを経て,26年から29年文部次官。30年駐伊公使,32年駐オーストリア公使に任ぜられ,約10年ヨーロッパにあった。帰国して,39年第1次西園寺公望内閣の文部大臣に就任,義務教育年限延長,文部省美術展覧会開催に尽力,この間男爵を授与される。42年枢密顧問官。44年第2次西園寺内閣に農商務大臣として入閣,大正2(1913)年第1次山本権兵衛内閣にも入閣,外相を務めた。6年臨時外交調査委員会委員。8年のパリ講和会議には西園寺らと日本全権として出席,日本側の実質的中心の役割を果たした。9年その功により子爵。10年宮内大臣,14年には内大臣に就任し,のちの昭和天皇の摂政就任,成婚などに心血を注ぎ,14年に伯爵を授けられた。昭和10(1935)年に辞職するまで,国際協調推進,立憲政治擁護の立場で西園寺元老と共に天皇を補佐し,深い信任を得た。そのため軍部,民間の「革新」派から「君側の奸」として攻撃され,暗殺の対象とされた。5・15,2・26事件の際襲撃されたが危うく難を逃れた。辞職後も同じ立場で陰で活動し,敗戦後病没。回顧録,日記が刊行されている。

(伊藤隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まきののぶあき【牧野伸顕】

1861‐1949(文久1‐昭和24)
政治家,外交官。鹿児島出身。大久保利通の次男で,のち牧野家の養子となる。開成学校(東京帝国大学の前身)を中退し,1871年(明治4)岩倉使節団の大久保に従い渡米・留学する。80年外務省に入りロンドンに在勤し,伊藤博文に知られる。その後参事院議官補,法制局参事官,首相秘書官,内閣記録局長等を経て福井,茨城各県知事,文部次官に就任した。97年イタリア,99年オーストリア公使等を歴任して第1次西園寺公望内閣の文相となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まきのしんけん【牧野伸顕】

〔名は「のぶあき」とも〕 (1861~1949) 政治家。鹿児島県生まれ。大久保利通の次男。文相・農商相・外相などを歴任。内大臣となり天皇側近の実力者として重きをなした。二・二六事件で襲われ、引退した。吉田茂はその女婿。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牧野伸顕
まきののぶあき
(1861―1949)

明治から昭和期の外交官、政治家。文久(ぶんきゅう)1年10月22日薩摩(さつま)国(鹿児島県)に生まれる。大久保利通(おおくぼとしみち)の次男。牧野家を継ぎ、1871年(明治4)岩倉具視(いわくらともみ)らの遣外使節に父に同行してアメリカに留学。1880年外務省書記生としてロンドンに在勤中、伊藤博文(いとうひろぶみ)の知遇を受け、帰国後、福井・茨城両県知事、文部次官、イタリア公使、オーストリア公使を務めた。1906年(明治39)第一次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣の文相、1907年男爵となり、その後、枢密顧問官、第二次西園寺内閣の農商務相のち文相を兼任、第一次山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣の外相、臨時外交調査委員を歴任した。1919年(大正8)パリ講和会議全権、1920年子爵(1925年伯爵)、1921年宮内大臣、1925年から1935年(昭和10)まで内大臣を務めた。薩摩派の巨頭といわれ、元老西園寺と親しく、親英米派宮廷勢力の中心人物として活躍したため、二・二六事件の際襲撃されたが、難を免れた。吉田茂(よしだしげる)は女婿(じょせい)。昭和24年1月25日死去。[木坂順一郎]
『牧野伸顕著『回顧録1~3』(1948~1949・文芸春秋新社) ▽牧野伸顕著、伊藤隆・広瀬順晧編『牧野伸顕日記』(1990・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の牧野伸顕の言及

【ヒューズ】より

…ベルサイユ講和会議では賠償問題委員会副委員長となり,ドイツ領ニューギニアを自国の委任統治領として獲得した。また日本代表牧野伸顕と白豪主義問題で渡り合った。さらに国際連盟憲章への人種平等条項挿入に反対し,これを葬り去った。…

※「牧野伸顕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

牧野伸顕の関連キーワード女のいくさ良子青木信光飯野喜四郎石田博英小野寺章九条道実野中徹也三隅正湯浅倉平

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧野伸顕の関連情報