コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤友三郎 かとうともさぶろう

8件 の用語解説(加藤友三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤友三郎
かとうともさぶろう

[生]文久1(1861).2.22. 安芸
[没]1923.8.24. 東京
軍人,政治家。 1880年海軍兵学校卒業。 1904~05年の日露戦争時の連合艦隊参謀長。 13年には大将となり,15~22年まで大隈 (第2次) ,寺内,原,高橋各内閣の海相を歴任した。 21年,ワシントン会議全権委員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かとう‐ともさぶろう〔‐ともサブラウ〕【加藤友三郎】

[1861~1923]軍人・政治家。元帥・海軍大将。広島の生まれ。日露戦争時、連合艦隊参謀長。ワシントン会議に首席全権委員として出席。のち首相となり、シベリア撤兵、陸海軍の軍備縮小、山東還付などを行ったが、在任中死亡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

加藤友三郎【かとうともさぶろう】

軍人,政治家。安芸(あき)広島藩士出身。海軍大将,元帥。連合艦隊参謀長として日露戦争に参加,海軍次官を経て1915年以降大隈(第2次)・寺内・原・高橋是清内閣の海相を歴任,その間ワシントン会議の全権となる。
→関連項目八八艦隊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤友三郎 かとう-ともさぶろう

1861-1923 明治-大正時代の軍人,政治家。
文久元年2月22日生まれ。日清(にっしん)戦争に出征。日露戦争では連合艦隊参謀長として日本海海戦を指揮。第2次大隈内閣の海相となり,海軍大将に昇進。大正10-11年ワシントン会議に首席全権として出席,海軍軍縮条約に調印。翌年首相となり,軍縮,シベリア撤兵を実行した。大正12年8月25日死去。63歳。安芸(あき)(広島県)出身。海軍大学校卒。
【格言など】国防は軍人の専有物に在(あ)らず(ワシントン会議から送った書簡)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加藤友三郎

没年:大正12.8.25(1923)
生年:文久3.2.22(1863.4.9)
明治大正期の海軍軍人。政治家。広島藩士加藤七郎兵衛と同藩士山田重蔵の娘竹の子。明治13(1880)年海軍兵学校卒業,22年海軍大学校卒業。日清戦争(1894~95)では「吉野」砲術長として豊島沖海戦などで功績を残す。日露戦争(1904~05)では連合艦隊参謀長として旗艦「三笠」の艦橋にあって日本海海戦(1905)の陣頭指揮に当たった。軍政家としても有能で日露戦争後の海軍拡張計画を,海軍次官として推進。このため,大正2(1913)年の大正政変に際しては,海軍大臣として入閣を求められたが拒否,清浦奎吾内閣を流産させている。以後,第1艦隊長官を経て,八代六郎の後任として同4年,第2次大隈重信内閣の海相となり,大将に進む。ひきつづき寺内正毅,原敬,高橋是清各内閣の海相を務めた。この間,日露戦争後以降,海軍が待望していた「八八艦隊計画」の予算化に成功している。しかし日本の国力を自覚し,同10年から翌年にかけてのワシントン会議では,首席全権として軍縮条約などを締結して英米両国との建艦競争休止に努めた。同11年,高橋内閣に代わって首相(海相兼任)に就任。「残燭」(消え残った灯)と称されたが,軍縮やシベリア撤兵を実行,ワシントン会議の実を挙げるとともに,内政面では行政および財政整理を遂行した。現職中に胃がんで死去,子爵,元帥となる。<参考文献>宮田光雄『元帥加藤友三郎伝』

(小池聖一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かとうともさぶろう【加藤友三郎】

1861‐1923(文久1‐大正12)
海軍軍人,政治家。安芸広島藩士出身。海軍兵学校(7期)卒業。日清戦争にはイギリスで建造された軍艦吉野の砲術長として黄海の海戦,旅順口の占領などに従い,日露戦争では第2艦隊参謀長,のち連合艦隊参謀長として東郷平八郎司令長官を補佐し,日本海海戦でバルチック艦隊を全滅させた。その後,海軍次官,呉鎮守府司令長官を経て,1915年に大隈重信内閣の海相に就任し大将に昇進した。引き続き寺内正毅,原敬,高橋是清内閣の海相を歴任し,この間,21年にワシントン会議の全権委員をつとめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かとうともさぶろう【加藤友三郎】

1861~1923) 海軍軍人・政治家。元帥。広島県生まれ。日露戦争の連合艦隊参謀長。四度、海相を歴任。ワシントン軍縮会議の首席全権。翌年首相。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤友三郎
かとうともさぶろう
(1861―1923)

明治・大正時代の軍人、政治家。文久(ぶんきゅう)1年2月22日安芸(あき)国(広島県)に生まれる。海軍兵学校、海軍大学校を卒業し、日清(にっしん)戦争には巡洋艦吉野(よしの)の砲術長として従軍、日露戦争には第二艦隊参謀長、のち連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長として出征、日本海海戦に大勝を収めた。1906年(明治39)海軍次官、1908年中将昇進、1909年呉鎮守府(くれちんじゅふ)司令長官、1913年(大正2)第一艦隊司令長官を歴任、1915年第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣の海相となり大将に昇進、以後寺内正毅(てらうちまさたけ)、原敬(はらたかし)、高橋是清(たかはしこれきよ)各内閣の海相を務め、1920年男爵となる。1921~1922年ワシントン会議に首席全権として出席、帰国後高橋内閣の後を継いで内閣を組織し、海相を兼任した。加藤内閣は陸海軍軍縮、行財政整理、シベリア撤兵などを断行し、彼自身議会で軍部大臣文官制を容認する発言を行ったが、普通選挙法には反対した。生来胃腸が弱くやせ形のため、また貴族院を中心に内閣を組織したため、護憲派のジャーナリズムから「燃え残りのロウソク」「残燭内閣(ざんしょくないかく)」というあだ名をつけられていたが、首相在任中に大腸癌(だいちょうがん)で倒れ、死の直前元帥、子爵を授けられ、大正12年8月24日に死去した。[木坂順一郎]
『宮田光雄編『元帥加藤友三郎伝』(1928・加藤元帥伝記編纂委員会) ▽新井達夫著『加藤友三郎』(1958・時事通信社) ▽田辺良平著『わが国の軍備縮小に身命を捧げた加藤友三郎』(2004・春秋社) ▽御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書13 加藤友三郎』(2006・ゆまに書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の加藤友三郎の言及

【大正時代】より

…日本の大陸侵出は歯止めがかけられ,協調外交が主流となった。高橋内閣が内紛で倒れたあと,ワシントン会議の首席全権海軍大将加藤友三郎が政友会を準与党として組閣した。加藤はワシントン会議で協定された海軍軍縮のほか,陸軍軍縮も断行し,選挙権拡張を検討した。…

※「加藤友三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

加藤友三郎の関連キーワード炭酸塩岩脈文久ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延桂文治(5世)イタリア史カナダ文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤友三郎の関連情報