コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淄博 シハク

世界大百科事典 第2版の解説

しはく【淄博 Zī bó】

中国,山東省中部の市。省直轄市。高青,恒台,沂源の3県を含めて市域は5942km2(うち市区2914km2)。人口は391万(うち市区は254万)(1994)。もともとこの市域は,淄川県,博山県,臨淄県などの地であったが,1945年,日本軍の占領が終わると,炭田のある工業地区として発達していた淄川,博山の両鉱区を合して淄博特区がつくられた。さらに49年,淄博工鉱特区とされ,50年,市に移行。続いて55‐69年にかけて,張博市,淄川県,博山県,臨淄県も併合され,広大な市区が誕生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しはく【淄博】

中国、山東省中部の都市。南に博山炭田、北に勝利油田をひかえ、金属・陶磁器・電機などの工業が発達。ツーポー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しはく / ツーポー

中国、山東(さんとう/シャントン)省中部、魯山(ろざん)の北麓(ほくろく)にある工業都市。1945年に(しせん)、博山両鉱区が合併し、52年に市制が敷かれた。人口407万9874、市轄区人口268万5006(2000)。市の北方の張店で膠済(こうさい)、博山両鉄道が交わり、沿線に市街区が広がる。川、博山に大きな炭田があり、19世紀末ドイツの膠州湾租借後、本格的に採炭が開始された。石炭のほか、ボーキサイト、石灰石などの鉱山もある。隋(ずい)代に始まる博山の陶磁器、ガラスは特産である。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淄博の関連情報