コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚え オボエ

2件 の用語解説(覚えの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぼえ【覚え】

覚えること。習得。理解。「覚えが早い」
記憶に残っている事柄。また、思い当たること。心覚え。「この顔には覚えがある」「身に覚えがない」
感じること。感覚。「冷たくて足に覚えがなくなる」
技術などに対する自信。「腕に覚えがある」
覚え書き1」に同じ。
7の意が限定されて》上の人からの寵愛(ちょうあい)。また、その信任。「主人の覚えがめでたい」
他人から思われること。世間の思わく。評判。声望。
「非参議の四位どもの、世の―口惜しからず」〈・帚木〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おぼえ【覚え】

おぼえこむこと。記憶すること。記憶力。 「仕事の-が悪い」
今でもおぼえていること。経験。 「いたずらをしてよくしかられた-がある」
思い当たる事柄。思い当たり。 「身に-のない罪」
経験を積んでいて,自信があること。 「腕に-がある」
(上の人から)かわいがられること。 「上役の-がめでたい」
覚え書き。メモ。
世間の評判。人望。 「世の-あなづらはしうなりそめたるを/枕草子 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚えの関連キーワード習得理解足が早い通じ話が早い耳が早い物覚え飲込み物分り分り

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚えの関連情報