覚え(読み)オボエ

デジタル大辞泉「覚え」の解説

おぼえ【覚え】

覚えること。習得。理解。「覚えが早い」
記憶に残っている事柄。また、思い当たること。心覚え。「この顔には覚えがある」「身に覚えがない」
感じること。感覚。「冷たくて足に覚えがなくなる」
技術などに対する自信。「腕に覚えがある」
覚え書き1」に同じ。
7が限定されて》上の人からの寵愛ちょうあい。また、その信任。「主人の覚えがめでたい」
他人から思われること。世間の思わく。評判。声望
非参議の四位どもの、世の―口惜しからず」〈帚木
[類語](1)(2記憶物覚え覚える聞き覚え見覚え記念メモリー追憶/(4自信確信過信腕に覚えがある/(6)(7信用しん信頼信任信望人望定評評判暖簾のれん名望声望徳望人気魅力受け名誉名聞めいぶん面目体面面子メンツ一分いちぶん沽券こけん声価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android