自動製図(読み)じどうせいず(英語表記)automatic drafting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動製図
じどうせいず
automatic drafting

CAD(computer aided design)の一部で,コンピュータと図化機を結び,あらかじめ用意されたコンピュータのプログラムに従って,自動的に製図をすること。これによれば,自動的に製図ができるほか,作図時間を極端に節約できる。コンピュータに入力されるデータには,ペンの上げ下げ,ペンの移動,直線,円,簡単な文字・記号を書く動作などが含まれる。入力されるデータに従って数値的に処理されるので,工作機械に数値制御を利用して自動的に製品をつくることも行われている (→数値制御工作機械 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動製図の関連情報