コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動製図 じどうせいずautomatic drafting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動製図
じどうせいず
automatic drafting

CAD(computer aided design)の一部で,コンピュータと図化機を結び,あらかじめ用意されたコンピュータのプログラムに従って,自動的に製図をすること。これによれば,自動的に製図ができるほか,作図時間を極端に節約できる。コンピュータに入力されるデータには,ペンの上げ下げ,ペンの移動,直線,円,簡単な文字・記号を書く動作などが含まれる。入力されるデータに従って数値的に処理されるので,工作機械に数値制御を利用して自動的に製品をつくることも行われている (→数値制御工作機械 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自動製図の関連キーワード大日本スクリーン製造ペンタックスCADプロッター自動製図機武藤工業製図器具

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動製図の関連情報