自由への道(読み)じゆうへのみち(英語表記)Les Chemins de la liberté

  • じゆうへのみち ジイウへのみち
  • じゆうへのみち〔ジイウへのみち〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランスの哲学者,家ジャン=ポール・サルトル長編小説。第1部『分別ざかり』L'Âge de raison (1945) ,第2部『猶予』 Le Sursis (45) ,第3部『の中の』 La Mort dans l'âme (49) ,第4部『最後の機会』 La Dernière chanceは一部が「奇妙な友情」 Le Drôle d'amitiéと題して発表されただけで未完。 1938年第2次世界大戦前夜から 40年のフランス降伏までの時代に生きる知識人の群像を,哲学教師マチウを中心に描いたもので,レジスタンス予兆をもって終っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

原題、〈フランス〉Les Chemins de la Libertéサルトルによる長編小説。1945年に第1巻「分別ざかり」と第2巻「猶予」、1949年に第3巻「魂の中の死」を刊行。第4巻「最後の機会」は冒頭部のみ断片的に書かれたが未完。第二次大戦期のフランスを舞台に、哲学教師マチウ=ドラリュの生き方を通し、実存主義思想を展開した作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(原題Les chemins de la liberté) 長編小説。サルトル作。一九四五年から発表。未完。「分別ざかり」「猶予」「魂の中の死」「最後の機会」(一節のみ)の全四部から成る。第二次世界大戦前夜から敗北に至るフランスを舞台に、哲学教師マチウの実存的生き方を描く。作者の実存主義の思想を展開させた作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android