予兆(読み)よちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

よ‐ちょう ‥テウ【予兆・予徴チョウ

〘名〙 物事のきざし。前知らせ。俗信知識の上で、出来事の原因となったとされる過去の現象。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「列国に対して盟主の地位に立つべきの実力予兆あることは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android