コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由意志論 じゆういしろん De libero arbitrio

2件 の用語解説(自由意志論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由意志論
じゆういしろん
De libero arbitrio

オランダの人文学者デシデリウス・エラスムスの著書。 1524年刊。人間が真面目な意志によって善行を積み一歩一歩道徳的に向上しうると確信していたエラスムスは,「信仰によってのみ」救われるというルターの説が人間の一切の善の試みを無に帰し,ついには神は不正であるとの観念にいたらしめ絶望へと導くものであるとして,人間の自由意志を擁護すべく『自由意志論』を著わして,宗教改革運動に批判的な態度を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゆういしろん【自由意志論】

自由意志の存立を認める考え。行為の生起する原因は外的諸関係でなく、強制によらない個人の自由な選択にあるとする。 ↔ 決定論

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由意志論の関連キーワードエラスムスオランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ菖蒲オランダ渡り貨狄尊者ダッチカリガラスオランダの罠オランダの犯罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由意志論の関連情報