コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臺與 とよ

百科事典マイペディアの解説

臺與【とよ】

3世紀の邪馬台国の女王。生没年不詳。〈壹與(いよ)〉とも記す。卑弥呼の死後,男王を立てたが国が混乱したため,13歳で王となり国を安定させたという。卑弥呼と同様(ぎ)に朝貢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよ【臺與】

3世紀の邪馬台国の女王。生没年不詳。壹與(いちよ)にも作る。卑弥呼の宗女で,13歳で王となる。卑弥呼の死後,邪馬台国では男王が立てられたが,国中が服しないで,戦乱があり,臺與が立てられてから国が安定したという。臺與は,魏使の張政らの告喩を受け,張政らの帰国にさいして使者を魏へ派遣した。使者たちは魏の都洛陽の中央官庁に行って男女生口30人などを献上した。《晋書》武帝紀,《日本書紀》神功皇后66年所引の《起居注》によると,臺與は,266年にも魏に使者を派遣したらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臺與の関連キーワード壱与

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android