コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎音 しゃおん saǔm

2件 の用語解説(舎音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舎音
しゃおん
saǔm

朝鮮,小作地の管理人。別称マルム。旧来,朝鮮では大地主や遠隔の地にある地主は農地の管理を舎音に委託してきた。この制度は日韓併合後も存続した。舎音の任務は小作料の取立て,小作人の監督,納税の代理などであるが,特に大地主の場合には舎音を統括する都舎音がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃおん【舎音】

朝鮮における小作地管理人の呼称。朝鮮音のマルムmarmを漢字表記したもので,マルムの語義については諸説がある。起源は不明であるが,李朝後期の宮房田の管理人に端を発し,それが一般の地主所有地にも置かれるようになったとする説が有力である。平安道,咸鏡道では舎音という名称は用いられず,小作地管理人のことを農幕,首作人などとよんだ。舎音は,地主と直接生産農民の間に介在して中間収奪を働くことが多く,その利益の大きさは,致富の手段として〈一に舎音,二に面長(村長),三に郡守〉という言葉が流布していたことからもうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

舎音の関連キーワード管理人主体思想請負小作小作地又小作ムーダン拉北者延白平野梶村秀樹朝鮮会社令