コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞台観察手引草 ぶたいかんさつてびきぐさ

世界大百科事典 第2版の解説

ぶたいかんさつてびきぐさ【舞台観察手引草】

歌舞伎の研究的鑑賞書。杉贋阿弥著。1918年(大正7)刊。1冊。13年から16年にかけて雑誌《演芸画報》に連載された歌舞伎義太夫狂言(ほとんどが時代物)の演出研究を収録。著者が文士劇で演じ,本職に劣らぬと好評を博した役の実演を通しての解釈と,当代の名優それぞれの型とを比較検討し,原作と対照して,その優劣を論じている。従来の単なる舞台描写の記事から数歩前進し,舞台鑑賞の手引としては他に類を見ない研究書。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の舞台観察手引草の言及

【源平布引滝】より

…〈生締(なまじめ)物〉(油で棒状に固めた髷(まげ)の〈生締〉という鬘(かつら)を用いるのでこう通称される)の代表的な役で,人形浄瑠璃より派手な演出を見せる。菊五郎型,団蔵型などについて杉贋阿弥著《舞台観察手引草》に詳しい。【内山 美樹子】。…

※「舞台観察手引草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舞台観察手引草の関連キーワード杉 贋阿弥

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android