コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文士劇 ぶんしげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文士劇
ぶんしげき

小説家など文筆家が役者になって上演する劇。 1895年1月5日尾崎紅葉山田美妙,漣 (さざなみ) 山人川上眉山江見水蔭石橋思案ら,硯友社の社員が小石川水道町の佐藤黄鶴邸で自作自演したのが最初とされる。以後,各新聞社の劇評家から成る若葉会,東京毎日新聞社の演劇会,文藝春秋社の文士劇など年々盛んになった。第2次世界大戦後も 1952年に再開され,文壇画壇の同好者が集って上演したが,近年はほとんど上演されない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしげき【文士劇】

専門俳優以外の作家,劇評家,画家など文壇・劇壇を中心としたいわゆる文化人によって演じられる素人(しろうと)芝居。素劇(そげき)ともいう。1890年(明治23)東京小石川の佐藤黄鶴邸で,尾崎紅葉,江見水蔭(えみすいいん)(1870‐1934),巌谷小波(いわやさざなみ)らが,水蔭作の史劇を上演した硯友社(けんゆうしや)劇が最初。1905年には歌舞伎座で,杉贋阿弥(がんあみ),岡鬼太郎岡本綺堂,小出緑水,岡村柿紅伊坂梅雪栗島狭衣(さごろも)らが〈若葉会〉を組織して上演し,世評を招いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文士劇
ぶんしげき

作家、劇評家、新聞記者、画家など、専門俳優以外の文人によって、趣味的に演じられる演劇。素人(しろうと)芝居の一種。1890年(明治23)1月、東京・小石川(現文京区)の佐藤黄鶴(こうかく)邸の仮設舞台で、尾崎紅葉(こうよう)、江見水蔭(えみすいいん)、川上眉山(びざん)、巌谷小波(いわやさざなみ)、石橋思案(しあん)らが、水蔭作の史劇『増補太平記』ほかを演じた硯友社(けんゆうしゃ)劇がその最初とされる。文士劇は9世市川団十郎の没後に流行し、1905年(明治38)4月、牛込清風亭での易風(えきふう)会(文芸協会の前身)による雅劇『妹山背山(いもやませやま)』は、早稲田(わせだ)派の文士劇ともよばれた。同年5月歌舞伎(かぶき)座で、新聞記者で劇評家の杉贋阿弥(がんあみ)、岡鬼太郎、岡村柿紅(しこう)、岡本綺堂(きどう)、右田寅彦(みぎたのぶひこ)、栗島狭衣(くりしまさごろも)、伊坂梅雪(いさかばいせつ)、小出緑水(こいでりょくすい)らが若葉会を結成して綺堂作『天目山(てんもくざん)』ほかを上演し評判となった。翌06年には毎日新聞演劇会をはじめ、その後も俳人たちの合槌社(あいづちしゃ)、坂本猿冠者(さるかじゃ)の通話会などが生まれた。大正期も各派が合同した演芸通話会により続けられたが、1934年(昭和9)10月、文芸春秋社の愛読者大会で菊池寛(かん)作・演出の『父帰る』を、久米(くめ)正雄、川口松太郎、今日出海(こんひでみ)らで上演、第二次世界大戦後は52年(昭和27)に復活し77年まで毎年続けられた。記念行事や会合の余興に、文士たちの余技としてご愛嬌(あいきょう)に演じられることが多いが、硯友社、若葉会の文士劇には、演劇改良、創作史劇上演、劇壇革新の意図が込められていた。[藤木宏幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文士劇の関連キーワード市川 九女八(初代)市川久女八(初代)舞台観察手引草栗島 すみ子市川九女八葛城 文子田村 西男伊坂 梅雪古川博樹

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文士劇の関連情報