コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉贋阿弥 すぎ がんあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉贋阿弥 すぎ-がんあみ

1870-1917 明治-大正時代の劇評家。
明治3年3月10日生まれ。19年郵便報知新聞に入社,のち島田三郎の毎日新聞にうつり社会部長。歌舞伎を中心に劇評をかく。38年文士劇「若葉会」を組織し,みずからも舞台にたった。大正6年5月13日死去。48歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本名は諦一郎。著作に「舞台観察手引草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉贋阿弥

没年:大正6.5.13(1917)
生年:明治3(1870)
歌舞伎劇評家。本名諦一郎。岡山県生まれ。明治19(1886)年17歳で上京し,『郵便報知新聞』に入社。のち『毎日新聞』『東京毎夕新聞』に転じて劇評を担当。文士劇の前身「若葉会」の公演で「寺子屋」「熊谷陣屋」など大物を見事に演じた。その舞台経験を踏まえた丸本時代物(型物,義太夫狂言)の演技評は他の追随を許さぬユニークさがあった。原作忠実と形式美尊重の調和した歌舞伎観を根底にした演出評は,歌舞伎劇評の近代化の上で大きな意義を持つ。『舞台観察手引草』(復刻,1957)は以後の歌舞伎研究家の指標となった名著。<参考文献>権藤芳一『近代歌舞伎劇評家論』

(権藤芳一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すぎがんあみ【杉贋阿弥】

1870‐1917(明治3‐大正6)
明治・大正期の劇評家。本名杉諦一郎。岡山県生れ。1886年上京して,《郵便報知新聞》《毎日新聞》《東京毎夕新聞》の記者として劇評を執筆。筋金の通った厳正中立の批評で劇界をリードした。文士劇の前身〈若葉会〉に出演し,《熊谷陣屋》の熊谷ほかで名演技を見せたが,著書の《舞台観察手引草》は,特に技術批評に優れた名著である。【戸部 銀作】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の杉贋阿弥の言及

【舞台観察手引草】より

…歌舞伎の研究的鑑賞書。杉贋阿弥著。1918年(大正7)刊。…

※「杉贋阿弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

杉贋阿弥の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android