コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航海奨励法 こうかいしょうれいほう

百科事典マイペディアの解説

航海奨励法【こうかいしょうれいほう】

日本船の遠洋航海促進を目的に1896年制定。造船奨励法とともに公布された。総トン数1000トン以上,最大速力10ノット以上,船齢15年以内の鉄鋼船に一定率の奨励金を支給するもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の航海奨励法の言及

【造船業】より

…これは民間造船業の中核となった。しかし,イギリスとの生産力格差は大きく,海運業が船舶輸入に依存したため造船業の発展は阻まれていたが,96年に公布された〈航海奨励法〉〈造船奨励法〉が転機となった。前者は1000総トン,速力10ノット以上で一定の船齢の遠洋航路就航船に奨励金を交付するもので,99年には国産船舶優遇措置が講じられ,その後重要航路保護が強化された。…

※「航海奨励法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

航海奨励法の関連キーワード佐藤秀顕海運

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android