コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造船奨励法 ぞうせんしょうれいほう

1件 の用語解説(造船奨励法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

造船奨励法【ぞうせんしょうれいほう】

1896年制定された国内造船保護の法令。航海奨励法と同時に施行。建造原価が割高であった国内造船所に補助金を出し,発注増による造船業発達を企図したもの。補助金は700総トン以上(のち1000総トン以上)の船の建造,自製エンジンに対し支給。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の造船奨励法の言及

【造船業】より

…これは民間造船業の中核となった。しかし,イギリスとの生産力格差は大きく,海運業が船舶輸入に依存したため造船業の発展は阻まれていたが,96年に公布された〈航海奨励法〉〈造船奨励法〉が転機となった。前者は1000総トン,速力10ノット以上で一定の船齢の遠洋航路就航船に奨励金を交付するもので,99年には国産船舶優遇措置が講じられ,その後重要航路保護が強化された。…

※「造船奨励法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

造船奨励法の関連キーワード軍機保護法限田法寺院法度自然公園保険業法みどりの日恒久法保護施設重要美術品個人情報保護の法制度

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone