コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空性中耳炎 コウクウセイチュウジエン

2件 の用語解説(航空性中耳炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうくうせい‐ちゅうじえん〔カウクウセイ‐〕【航空性中耳炎】

航空機内で気圧が急激に変化した際に、耳管が閉じたままになり、鼓膜の内側と外側の圧力に差が生じることによって起こる中耳炎。降下時に起こることが多い。軽症の場合は数分から数時間で自然に、あるいは耳抜きをすることによって解消されるが、重症の場合は治療が必要となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

こうくうせいちゅうじえん【航空性中耳炎 Aviation Otitis】

[どんな病気か]
 飛行機が上昇しているときには、大気圧よりも中耳の内圧のほうが高いので、鼓膜(こまく)は外耳道(がいじどう)のほうへ張り出します。反対に飛行機が下降するときは、中耳の内圧が低くなるので、鼓膜が中耳のほうに引き込まれます。そのため、耳がつまった感じになり、さらには、耳痛(じつう)、難聴(なんちょう)がおこってくることがあります。
 鼓膜は、強く引っ張られるために発赤(ほっせき)し、ときには内出血(ないしゅっけつ)をおこすこともあります。これを航空性中耳炎といい、かぜをひいていると、おこりやすいものです。また、中耳の内圧を調節している耳管(じかん)の機能の悪い人は、飛行機に乗るたびにおこります。
 耳管の機能が改善すれば自然に治りますが、内出血がおこったような場合は、1~2週間、耳のつまった感じがとれません。さらにひどい場合は、内耳(ないじ)との境の窓がポンという音とともに裂け(内耳窓破裂(ないじそうはれつ))、高度の感音難聴(かんおんなんちょう)になることもあります。
 ダイビングなどにより深く潜水した場合にも、同様に気圧変化により潜水性中耳炎がおこることがあります。
 いつまでも耳の異常が続くときは、耳鼻咽喉科医(じびいんこうかい)の診察を受けましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

航空性中耳炎の関連キーワード滑走路軽飛行機飛行機セスナ下降紙飛行機帰艦機上横転高翼飛行機

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone