コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶電話 せんぱくでんわ

5件 の用語解説(船舶電話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船舶電話
せんぱくでんわ

航行中の船舶と陸上,あるいは船舶間を結ぶ無線電話。日本では,港湾内の船舶を対象とする電話が 1953年に横浜,神戸に設置され,港湾電話 (ハーバーサービス) といわれたが,通話の可能範囲も狭い地域に限られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんぱく‐でんわ【船舶電話】

船舶と陸上、また船舶どうしで通話できる、超短波を用いた無線電話。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんぱくでんわ【船舶電話 maritime radio telephone】

陸上の電話網と船舶に搭載された電話装置間を結合した通信システム。代表例として,日本の沿岸を航行する船舶と陸上一般電話加入者間を接続する船舶電話方式について説明する。図はこの方式のシステム構成を示したものである。沿岸に配置された無線基地局は半径50km程度のサービスエリアをもち,2周波,あるいは3周波を繰り返し使用するゾーン構成により全国をカバーしている。無線周波数は150MHz帯,あるいは250MHz帯が使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんぱくでんわ【船舶電話】

超短波無線を使って船舶と陸上との間に通話を行う電話。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船舶電話
せんぱくでんわ

入港中または沿岸を航海中の船舶と、陸上および船舶相互の間で、陸上の基地局を経由して通話する無線電話。日本では1953年(昭和28)、東京湾、大阪湾近海をサービスエリアとする港湾電話として発足した。78年3月プッシュホン式で自動化され、日本船舶通信会社により、日本電信電話会社の回線を使用して運営されている。日本全国の沿岸海域を21に分け、それぞれが5桁(けた)の海域番局をもっている。船舶の電波は最寄りの基地局で受信されるとコンピュータに登録されて、船舶の移動に従って約100か所の基地局が自動的に追跡する。150メガヘルツ帯の国際VHFを使用し、50~100キロメートルの沖合いまで通話できる。旅客船用にはコイン電話もある。
 付加装置によって保安通信、港務通信が可能となる。これは海上保安機関、港湾管理機関、同じ装置や国際VHFをもつ他の船舶との直接通話ができる装置である。沿岸海域を航海する総トン数100トン以上の旅客船と300トン以上の船舶は、船舶安全法で保安通信装置の設置が義務づけられている。[飯島幸人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船舶電話の関連キーワード自動車電話親子電話共同電話電話交換無線電話子衛星黒電話列車電話フルブラウザ電話網

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船舶電話の関連情報