コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良き羊飼い よきひつじかいPastor bonus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良き羊飼い
よきひつじかい
Pastor bonus

キリスト教美術の主題。羊飼い,特に小羊を背中に背負った羊飼いの像は,古代から季節の象徴として,あるいは徳の寓意像,来世の生活の理想像として用いられてきた。キリスト教美術においては,『ルカによる福音書』15章3以下,『ヨハネによる福音書』10章1以下,旧約聖書中の『詩篇』23編などにより,まずイエス・キリストによる救済の擬人化として取り上げられ,やがてイエスそのものをこの像で表すようになった。ローマのカタコンベカリストのカタコンベ,3世紀中期),石棺(聖マリア・アンティカの石棺,270頃)にみられるのは前者であり,ラベンナガラ・プラキディア廟モザイク(5世紀中期)は後者の例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

良き羊飼いの関連キーワード福音書

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android