コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良永 りょうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良永 りょうえい

1585-1647 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)13年生まれ。真言宗高野山で出家し,山城(京都府)槙尾(まきのお)西明寺慧雲に律をうける。高野山にもどり,円通寺を再興して戒律の道場とした。正保(しょうほ)4年6月死去。63歳。対馬(つしま)(長崎県)出身。俗姓は宗。字(あざな)は賢俊

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

良永

没年:正保4.6(1647)
生年:天正13(1585)
江戸前期の真言宗の僧。対馬(長崎県)に生まれ,幼いときに高野山において出家し,中性院に住み密教を学ぶ。対馬に帰り明忍に会い,その勧めによって山城(京都府)槙尾西明寺の慧雲に入門,戒律を学ぶ。慶長16(1611)年,再び高野山へ帰る。翌年,山口重政の後援により重源の旧跡に円通寺再興を図り,元和5(1619)年,完成し同寺中興と称される。以降,戒律道場の中心としての地位を確立する。また,法隆寺北室院や叡福寺を兼務し,律の典籍の開版にも尽力する。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝

(岡村喜史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

良永の関連キーワード志筑忠雄(しづきただお)本木庄左衛門オランダ通詞本木仁太夫6月11日ティチング志筑忠雄本木良永卍元師蛮暦象新書御池煎餅天文義論松村元綱大槻玄沢窮理学蘭学康円運賀重命円忍

良永の関連情報