コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色ふ/彩ふ/艶ふ イロウ

1件 の用語解説(色ふ/彩ふ/艶ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろ・う〔いろふ〕【色ふ/彩ふ/艶ふ】

[動ハ四]
美しいいろどりをしている。映える。
「いかばかり思ひおくとも見えざりし露に―・へる撫子(なでしこ)の花」〈和泉式部集・下〉
色が美しく交じる。
「かざしの花の色々は秋の草に異なるけぢめ分かれで、何事にも目のみ紛ひ―・ふ」〈・若菜下〉
[動ハ下二]
美しくいろどる。
「大領(おほくび)端袖(はたそで)―・へたる直垂(ひたたれ)に」〈平家・一一〉
金や宝石などをちりばめて飾る。
「くさぐさのうるはしき瑠璃を―・へて作れり」〈竹取
文章などを飾る。潤色する。
「詞を―・へて云ふ程に綺語と云ふぞ」〈四河入海・一九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色ふ/彩ふ/艶ふの関連キーワード綾糸色鳥色彩七彩綾なす彩り色取り月彩文精彩彩り河

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone