コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色ふ/彩ふ/艶ふ イロウ

デジタル大辞泉の解説

いろ・う〔いろふ〕【色ふ/彩ふ/艶ふ】

[動ハ四]
美しいいろどりをしている。映える。
「いかばかり思ひおくとも見えざりし露に―・へる撫子(なでしこ)の花」〈和泉式部集・下〉
色が美しく交じる。
「かざしの花の色々は秋の草に異なるけぢめ分かれで、何事にも目のみ紛ひ―・ふ」〈・若菜下〉
[動ハ下二]
美しくいろどる。
「大領(おほくび)端袖(はたそで)―・へたる直垂(ひたたれ)に」〈平家・一一〉
金や宝石などをちりばめて飾る。
「くさぐさのうるはしき瑠璃を―・へて作れり」〈竹取
文章などを飾る。潤色する。
「詞を―・へて云ふ程に綺語と云ふぞ」〈四河入海・一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

色ふ/彩ふ/艶ふの関連キーワード眺め経花妻壊色綺語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android