色弱(読み)しきじゃく

大辞林 第三版の解説

しきじゃく【色弱】

色覚の三要素(赤・緑・青)のうち、ある系統の色覚が他の色覚に比べて比較的弱い状態。 → 色覚異常

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色弱
しきじゃく

色覚異常のうちの程度の弱いものを示した旧称。現在は異常三色覚と称し、それぞれの場合に応じて、1型三色覚(旧称は赤色弱)、2型三色覚(旧称は緑色弱)、3型三色覚(旧称は青色弱)に大別される。色の感覚はあるが、通常と異なり、似た色の区別が困難で、通常に比べて強い刺激でないと感じない。
 異常三色覚のうち頻度が多いのは、赤と緑の色に対して感受性の減弱した1型三色覚と2型三色覚であり、1型二色覚、2型二色覚とともに赤緑色覚異常と総称されることもある。1型三色覚と2型三色覚は、灰褐色や黄色が赤色のそばにあると緑色に見え、緑色のそばにあると赤色に見えるのが特徴である。[太田安雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の色弱の言及

【色覚異常】より

…色の区別ができないか,困難な状態をいう。一般には色盲color blindnessあるいは色弱color weaknessとして知られるが,最近は色覚異常としてまとめることが多い。先天性と後天性のものがあるが,大部分は先天性のもので,これは色覚の機能不全による。…

※「色弱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色弱の関連情報