コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦原温泉 あわらおんせん

4件 の用語解説(芦原温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦原温泉
あわらおんせん

福井県北部,あわら市にある温泉。 1883 (明治 16) 年灌漑用井戸掘削中に温泉が湧出した。泉質は食塩泉。泉温は 40~70℃。福井平野北部の水田地帯にあるため自然景観には恵まれないが,各旅館の施設や庭園が充実している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あわら‐おんせん〔あはらヲンセン〕【芦原温泉】

福井県あわら市にある温泉。泉質は塩化物泉東尋坊(とうじんぼう)などへの観光基地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕芦原温泉(あわらおんせん)


福井県あわら市福井平野北部にわく行楽向きの温泉。1883年(明治16)田園地帯から突然湧出(ゆうしゅつ)し、北陸を代表する大温泉に発展。西約4kmの三国(みくに)港を経由して東尋坊(とうじんぼう)・雄島(おしま)・越前松島(えちぜんまつしま)探訪の基地。各旅館とも庭園美で知られる。カルシウムナトリウム炭酸水素塩塩化物泉。泉温76℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦原温泉
あわらおんせん

福井県北端、あわら市にある温泉。1883年(明治16)温泉湧出、1884年開湯。1948年(昭和23)の福井地震、1956年の大火で町の大半を焼失したが、そのつど近代化して復興し、現在は加賀温泉郷とともに北陸を代表する温泉として知られる。観光色の濃い温泉で、多くの旅館が設備、庭園などにくふうを凝らしている。泉質は塩化物泉。観光芸能に九頭竜太鼓(くずりゅうたいこ)がある。えちぜん鉄道あわら湯のまち駅があるほか、JR北陸本線芦原温泉駅からバスで15分。[印牧邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦原温泉の関連キーワード芦原〈町〉福井県あわら市北福井県あわら市北潟福井県あわら市椚福井県あわら市沢福井県あわら市城福井県あわら市新福井県あわら市滝福井県あわら市舟津福井県あわら市宮谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芦原温泉の関連情報