コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦原温泉 あわらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦原温泉
あわらおんせん

福井県北部,あわら市にある温泉。 1883 (明治 16) 年灌漑用井戸掘削中に温泉が湧出した。泉質食塩泉泉温は 40~70℃。福井平野北部の水田地帯にあるため自然景観には恵まれないが,各旅館の施設や庭園が充実している。歓楽地的性格をもつ温泉地として著名で,関西方面からの入湯客でにぎわう。東尋坊観光の宿泊拠点でもある。 1994年に新しい温泉施設も開設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕芦原温泉(あわらおんせん)


福井県あわら市、福井平野北部にわく行楽向きの温泉。1883年(明治16)田園地帯から突然湧出(ゆうしゅつ)し、北陸を代表する大温泉に発展。西約4kmの三国(みくに)港を経由して東尋坊(とうじんぼう)・雄島(おしま)・越前松島(えちぜんまつしま)探訪の基地。各旅館とも庭園美で知られる。カルシウム・ナトリウム‐炭酸水素塩・塩化物泉。泉温76℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦原温泉
あわらおんせん

福井県北端、あわら市にある温泉。1883年(明治16)温泉湧出、1884年開湯。1948年(昭和23)の福井地震、1956年の大火で町の大半を焼失したが、そのつど近代化して復興し、現在は加賀温泉郷とともに北陸を代表する温泉として知られる。観光色の濃い温泉で、多くの旅館が設備、庭園などにくふうを凝らしている。泉質は塩化物泉。観光芸能に九頭竜太鼓(くずりゅうたいこ)がある。えちぜん鉄道あわら湯のまち駅があるほか、JR北陸本線芦原温泉駅からバスで15分。[印牧邦雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

芦原温泉の関連キーワード越前加賀海岸国定公園怒りの北陸本線北陸自動車道あわら[市]あわら(市)北陸新幹線芦原[町]丸岡藩砲台雄島金津

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芦原温泉の関連情報