あわら市(読み)あわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あわら〔市〕
あわら

福井県最北端に位置する市。北東部は石川県に接し,北西部は日本海に面する。 2004年3月芦原町,金津町が合併して発足。市の東西を流れる竹田川に臨む金津地区は荘園開拓時代からの交通の要地で,近世は北陸街道宿場町として発展した。機業パルプ,機械などの工場が多い。加越台地にまたがる芦原地区ではスイカやメロンの栽培が行なわれ,地区南部の福井平野低地部は水田地帯となっている。芦原温泉東尋坊観光の宿泊拠点。南北に横たわる北潟湖湖口の吉崎には,東西本願寺の別院と史跡の吉崎御坊跡がある。日本海側に国道 305号線,南北に JR北陸本線,国道8号線,北陸自動車道が通る。面積 116.98km2。人口 2万8729(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あわら市の関連情報